最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

52

【特別講演会】元WFP職員・松村裕幸氏のアフリカ体験26年 2010/9/03

アフリカ26年の体験―最後の任地ギニア・ビサウ(アフリカ問題の縮図)」 ~中国はアフリカで何をしているか?~

講師:元WFP(国連世界食糧経計画)職員(第12回(2002年)コムソフィア賞受賞)松村裕幸氏
場所:2010年9月3日(金)18時30分~ソフィアンズクラブにて



元WFP(国連世界食糧計画)職員の松村裕幸氏の講演が9月3日(金)ソフィアンズクラブにて開催されました。今回は、最近の中国とアフリカの関係についての内容でした。前半は、アフリカの地理、歴史、日本との関係、鉱物資源国としての重要性、諸問題について、後半は、中国のアフリカ進出の現状について、日本の外交関係との比較を、具体的に数字等を交えてわかりやすく説明されました。「援助」という名目でお役所仕事をしている国連や日本の政府関係に対して、中国は、人と金を投資して、アフリカと良い関係を築き、自分逹に必要なエネルギー資源を積極的に手に入れています。中国は元首クラスの人が頻繁にアフリカに行っているのに、日本政府には戦略が全くなく、過去10年間で森元首相が行かれたくらいだということで、日本の今後の積極的な動きが急務だと感じました。質疑応答も活発に行われ、有意義な2時間半で、もっと多くの方に伝えたい内容でした。コムソフィアオンラインでは、引き続き連載を発表してゆくそうなので、より多くの方々に読んでいただければ幸いです。
------------------------------
(取材)山田洋子(1977年(昭和52年)外国語学部ドイツ語学科卒)
------------------------------
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。