最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26

今年こそ力の蓄積を!

会長新年のあいさつ マスコミ・ソフィア会会長 濱口浩三(1944専新)

hamaguchi090101 皆さま あけましておめでとうございます!

昨年のアメリカ発の金融不安が実体経済に及び、雇用不安が深刻になって年を越しましたが、今年は更に深刻な状況になるといわれます。こうした時にマスコミの役割は重要です。社会に起こっていることをきちんと伝えることは大切ですが、必要以上に不安感を煽ることがあってはならないと思います。
表があれば必ず裏があり、表裏を過不足なく伝えることが大切です。また総選挙も予定されており政界の動きからも目が離せません。マスコミ人にとっては忙しく、そして真価を問われる年となるでしょう。

ところで、今年は丑年。過去の丑年には何があったでしょう? 昭和12年「盧溝橋事件」を発端に日中戦争始まる。昭和24年戦後の混乱期で「下山事件」「三鷹事件」「松川事件」など重大事件頻発。1ドル360円の固定相場制発足。昭和48年「第1次石油ショック」。昭和60年「御巣鷹山 日航機墜落事故」。平成9年「消費税率」3%~5%。バブル崩壊の余波の企業倒産。いずれも大きな事件がありました。 丑年の「丑」(ちゅう)は「ねじる」「からむ」などの意味があり、芽が出かかったが曲がっていて地上に出られない状態・・・伸び切れずにいる状態を表すと言われています。こうした時は、四方に十分な目配りをしながらも、じっくりと実力を蓄える時でしょう。

マスコミ・ソフィア会は創立20周年を過ぎましたが、今年は多くの若い諸君に参加を呼びかけて、マスコミ人としての力を十分に蓄積していきたいと思います。 皆さまにとって良い年でありますようにお祈りします。
スポンサーサイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。