最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

255

第24回コムソフィア賞は2020年東京五輪招致実現に貢献、師岡文男氏('76文史)に決定!

■2014年度コムソフィア賞が決定

「第24回コムソフィア賞」受賞者が下記のとおり決定いたしました。つきましては、授賞式、ならびに受賞者の記念講演会も兼ねましたマスコミ・ソフィア会「年次総会」を行います。
みなさまお誘い合わせの上ご参加いただきますようよろしくおねがしいます。

◆コムソフィア賞:師岡 文男(もろおか ふみお)さん
  (1976文史乙卒 上智大学文学部教授・保健体育研究室室長)

◆コムソフィア賞濱口賞:安田 菜津紀(やすだ なつき)さん
  (2010総合人間学部教育学科卒 フォトジャーナリスト)

 師岡 文男氏 安田 菜津紀氏


■総会および授賞式日程

日時:2013年6月28日(土)13:00開場/13:30開会
場所:JR四ツ谷駅前主婦会館
参加費:卒業生・一般3,000円、学生500円

◎総会・コムソフィア賞授賞式、受賞者講演会日程

13:30 「総会の部」開会、会長挨拶、来賓スピーチ
13:45 議事(活動報告、決算報告、監査報告、活動計画、予算案等)
14:00 「コムソフィア賞」授賞式
14:15 「コムソフィア賞」受賞者記念講演
◆コムソフィア賞:師岡 文男さん(1976文史 上智大学文学部教授・保健体育研究室室長)
 講演テーマ「未定」
◆コムソフィア賞濱口賞:安田 菜津紀さん(2010総教 フォトジャーナリスト)
 講演テーマ「未定」
15:30「懇親会の部」
15:50 校歌を歌う
16:00 閉会

参加ご希望の方は下記メールアドレスに「参加希望」と書いてメールで申込みください。
info@cumsophia.jp(マスコミ・ソフィア会事務局)


マスコミ・ソフィア会は、さる4月15日「第24回コムソフィア賞最終選考委員会」を開催。選考会は向山肇夫選考委員長、武市英雄上智大学名誉教授をはじめ、マスコミ・ソフィア会の常任幹事8名で行いました。候補者の募集は今年1月~4月にソフィア会会員ならびにマスコミ・ソフィア会員全員から受付け、最終的に6名の候補が選抜されました。

今回も、それぞれの候補の方々の推薦理由などを確認した後、最終選考を行い次の方々に賞を贈ることを、選考委員の満場一致で決定いたしました。

「コムソフィア賞」は、上智大学の卒業生でマスコミ関係者約千人で組織する同窓会「マスコミ・ソフィア会」が、上智大学卒業者・関係者を顕彰するために設けたものです。今年で23回目になります。今回も、候補者の選考基準は、地域や国際社会への貢献度、内外ジャーナリズムへの貢献、母校への愛情、ソフィアンとしての誇り等の項目について細かく評価、特に「なぜ、今年なのか」という観点も重視しました。以下、受賞者の選考理由を紹介します。

※過去の受賞者はこちらを御覧ください。

■選抜理由について

師岡 文男さん(コムソフィア賞)

師岡文男さんは、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の東京招致に貢献された。
また、この度はIOCが後援する非五輪種目大会を主催する「国際ワールドゲームズ協会」の理事に日本人で初めて選出された。
師岡さんは、スポーツが苦手という学生の意識を変えるためにフライングディスク競技を体育実技にとり入れたことがきっかけで、日本協会会長・世界連盟理事になり、2001年にはワールドゲームズを秋田県に招致。NHKでの全国放送を実現。
朝日・毎日の「この人」にも紹介されて日本人の狭いスポーツ観を変えるきっかけを作った。
その後、全五輪競技と全IOC公認競技と3大陸40カ国以上に普及している競技の国際連盟「スポーツアコード」の理事に日本人で初めて選出されるなど、20年間にわたる国際スポーツ界での働きが今回の招致に役立った。
師岡さんは、2020年を「第3の開国」の年と位置づけ、日本の真の国際化を目指して今も奮闘している。

安田 菜津紀さん(コムソフィア賞濱口賞)

安田菜津紀さんは、在学中からフォトジャーナリストとしてカンボジアを中心に難民キャンプなどを取材。
その優れた写真は、これまで多くの人々の心をとらえた。常に写真の力と人を信じ、ファインダーを通じて、今の世界と日本を記録している。その若いフォトジャーナリストの鋭く暖かい目は、今後に大いに期待が持てる。
現在TBS「サンデーモーニング」のコメンテーターとして活躍中。著書に『ファインダー越しの3.11』(共著)原書房刊がある。



■総評

コムソフィア賞選考委員会委員長の向山肇夫氏から総評・・・。

「会員の皆々さま、ご協力ありがとうございました。今年は昨年の母校創立100年を終えてから最初の授賞式。このところ日本のみならず世界のあらゆる分野で活躍する多彩なソフィアンが増える中、今年も賞にふさわしい方々を選ぶことができました。深く感謝いたします」

今年の授賞式も、6月28日(土)にJR四ツ谷駅前主婦会館で開催される「年次総会」会場で行います。当日は、受賞者の方々の記念講演も行われるので、会員の皆様には、是非、ご友人をお誘いの上、多くの皆様にご参加いただきますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。