最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

162

高祖敏明上智学院理事長が語る今後の上智大学

~グローバル・ネットワークの強化が課題と語る~

日時:3月2日(金)14時~15時30分
場所:上智大学2号館4階会議室
参加者:
上智学院:高祖敏明理事長 須田誠一総務局長
マスコミソフィア会:磯浦康二幹事長、新田三千典副会長、向山肇夫幹事、加藤春一幹事、松村裕幸幹事

 2013年に創立100周年を迎えるにあたって上智大学の高祖理事長は、上智大学の将来はグローバル・ネットワークをいかに強化、拡大していくかにあるなど、展望と抱負を語った。これは3月2日のマスコミソフィア会の幹事との懇談で明らかになったもので、高祖理事長の発言要旨をお伝えしたい。

▲卒業生のつながりを縦から横への広がりへ

高祖敏明上智学院理事長20120302
高祖敏明理事長

 上智の卒業生のつながりは、所属していた学科やクラブといった縦の関係は強い。しかし、横のつながりが弱いのではないか。ソフィアンズ全体の広いネットワークがこれからますます必要になってくる。グローバルな時代の中で、核になる人間を軸にして、点から線へさらに面への広がりを目指していきたい。

 特に、海外で長く生活し、その存在感を高めているソフィアンは数多くいると思う。残念ながら、大学はその実態を十分には把握できていない。昨年、上智大学副学長だったオロリッシュ神父がルクセンブルグ大司教に叙階された。そのときにルクセンブルグを訪れたが、さまざまなネットワークと強い発信力を使ってルクセンブルグで活躍されている卒業生にお会いした。世界でソフィアンが活躍していることを改めて実感させられた。

 こうしたソフィアンはまさにAsset(大切な資産)である。卒業生が今、どこで、何をしているのかを早急につかむ必要がある。既にグローバル・ネットワークが日本で一番進んでいる上智がさらにそれを拡大していきたい。

▲大学のグローバル化=祖師谷国際交流会館を開設

 グローバル化とはアメリカ化とは違う。宗教、国籍、国境等を越え、異文化を持つ人たちとどのように共生していくかである。
 
 上智大学のグローバル化については、まず市ケ谷にあった国際部(現国際教養学部)を四ツ谷へ移転し、四ツ谷キャンパスをさまざまな人々が集まり異文化体験のできる「地球の縮図」とした。そして、この4月からは、外国人留学生と日本人学生が寝食を共にし、日常生活の中でも異文化交流体験を進めることのできる祖師谷国際交流会館を開館する。

▲東日本大震災への対応

 2011年度は、卒業生の皆様のご協力や海外からの支援を含め、約1億円の義捐金が集まり、被災地出身の在校生(約100名)の授業料減免・生活支援や入学志願者(約300名)の受験料免除等といった支援を行った。こうした支援は継続して続ける必要があり、今後も卒業生からの財政支援をお願いしたい。

▲創立100周年で多彩な記念事業

 2013年11月1日の創立記念日は、午前にイグナチオ教会にてミサ、午後に東京国際フォーラム(有楽町)で式典、夜はホテルニューオータニで祝賀会を行う。これ以外にも、さまざま創立100周年記念事業が既に実施されている。また、新たな企画についても準備を進めている。
 
 記念事業については、大学だけで企画・運営するのではなく、ソフィア会やマスコミソフィア会など多くの方々に協力していただきたいと考えている。特にマスコミソフィア会には、その高い発信力を発揮するような役割を担っていただくこともできるのではないかと期待している。

▲2012年は理工学部が創設して50周年

高祖理事長と懇談するマスコミ・ソフィア会幹事
高祖理事長と懇談するマスコミ・ソフィア会幹事たち

2012年は紀尾井の地にキャンパス用地を確保して100周年、1号館が完成して80周年、そして理工学部創設50周年となる。そういった意味では2012年も記念すべき節目の年であり、単なるプレ100周年という意味合いだけでなく、重要な年であることを学内外の人々に広く知ってもらい、100周年に向けて機運を盛り上げていきたい。
(文 磯浦康二 '57文新)
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。