最新記事
161

ソフィアンがオーナーのお店:小料理「そま莉」(目黒)

以前はショットバーだったという、小さなカウンターとテーブル席2席だけのシンプルでしゃれた造りの店。BGMはジャズ。しかし、供される料理は、熊本郷土料理。オーナー兼シェフの河津 幸恵(かわづ さちえ)さん(1999年 経営学科卒)は熊本出身で、大学卒業後、会社勤務を経て、28歳のときに、自分の店が持ちたくて、ショットバーを立ち上げた。

小料理そま莉1-s
写真:河津さん

8年前のことだ。店を始めた理由は「会社勤務では一日中笑うことを忘れて過ごす日もありました。その反動で思いっきり笑っていられる仕事がしたかったんです。一日頑張った仕事帰りのお客さんに、ほっこり温かい気持ちになってもらえるような店をめざしてオープンしました」という。

小料理そま莉2-s
写真:お店のおすすめ料理1:馬刺

「ちょうどいい物件がなかなか見つからず、本気で協力してくれる不動産会社にも巡り会えずに戸惑っていたころ、28歳の誕生日に出合ったのが今の物件。運命のプレゼントだと思ってすぐに申込書にサインしました」と、今の店舗を見つけたときのエピソードを明かしてくれた。


小料理そま莉3-s
写真:お店のおすすめ料理2:ふぐちり子鍋

店名の「ソマリ」は猫の品種名(アビシニアン長毛種)で、夕焼け色の毛皮をまとった凛とした姿がずっと印象に残っていて、河津さんの憧れのネコだったという。以前、バーのときはローマ字で「somalie」と表記していたが、熊本郷土料理に転向してから「そま莉」にした。


小料理そま莉4-s
写真:お店のおすすめ料理3:高菜ごはん

「とにかく、夢中でやってきました」と明るく語る河津さん。現在は、熊本の郷土料理を取り入れた小料理屋に転向している。「心を込めたおもてなしで、お客様に気軽に楽しんでいただきたい」と、ソフィアンズの来訪を待っているという。

「お越しになる際は予めお電話でご予約を頂いたほうが確実です」とのことだった。


この日の夜も、会社帰りに軽く一杯立ち寄る客で、カウンターはいっぱいでした。

(文:山田洋子 1977年 外・独) 

※お店のおすすめメニュー※ 
看板メニューは馬肉のしゃぶしゃぶ(要予約)。その他 馬刺し盛合わせ からし蓮根 高菜ごはん。
定番ではないが、ふぐちり小鍋、セロリの浅漬け、サラダもとても美味。焼酎も各種有。
http://somalie.net/menu.html

目黒 小料理「そま莉」電話:03-3493-2051
品川区上大崎2-24-19東和ビル2F (花屋の2F)
(平日のみ営業18時―、土日祝日休み)電話で要予約。
http://somalie.net/ 
http://somalie.net/access.html


大きな地図で見る
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop