最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

127

NHKスペシャル「奇跡の生還」が国際エミー賞受賞

NHKスペシャル「奇跡の生還~スクープ チリ鉱山事故の真実~」(2010年10月24日放送)が国際エミー賞の「時事問題部門」の最優秀賞に選ばれました。取材・制作を担当したのはNHK報道局ディレクターの石川俊樹さん(外・イスパニア語学科 96年卒)とサンパウロ支局 記者の佐々文子さん(外・イスパニア語学科 98年卒)です。


エミー賞会場にて
ニューヨーク 9月26日 授賞式の会場にて 左からNHK サンパウロ支局記者佐々文子さん、チーフ・プロデューサー小山大祐さん, 報道局ディレクター石川俊樹さん(クリックで拡大)

「国際エミー賞」は、世界およそ50カ国にある500の放送機関が加盟する「国際テレビ芸術科学アカデミー」がアメリカ以外で制作された優れたテレビ番組に贈る賞です。日本のメディアが「時事問題部門」で受賞するのは初めてのことです。

受賞作は、昨年8月に南米チリ北部のサンホセ鉱山で起きた落盤事故で、地下700メートルの空間に閉じ込められた33人の作業員が救出されるまでの70日間を追ったものです。当初、生存は絶望視されていましたが、事故から17日目、地下から1通の手紙が届きました。そこには「Estamos bien los 33 en el refugio(俺たち33人は避難所で生きている)」と書かれていたのです。この瞬間から33人の救出作業は世界中のメディアの注目を一気に集めることになりました。

佐々さんは生存確認の翌日から現地入りをして取材を開始。石川さんは別の番組の取材をするためアメリカに出張していましたが、東京から「帰国の予定を変更しチリに向かってほしい」との連絡が入り、急きょ、現地入りすることになりました。お二人が直面した状況は過酷そのものでした。

皮膚を焼くような砂漠の太陽、昼30℃、夜5℃という気温の変化。チリ政府による厳しい取材規制。世界各国から集まった、数百とも言われるメディアとの競争。こうした逆境の中、NHKの取材班はどのようにして、誰も伝えたことがない映像を撮ることができたのでしょうか。

以下は、石川さんから当会にいただいたメッセージです。

地下深くに閉じ込められた男たちをどうやって救い出すのか。世紀の救出作戦が行われていたサンホセ鉱山の現場には、チリのテレビ局、新聞社だけでなく、アメリカCNN、イギリスBBC、カタールのアルジャジーラなど、各国から数え切れないほどのメディアが集まっていました。

チリ政府による取材規制は厳しく、救出作戦の舞台裏を取材するという私たちの当初の狙いは実現不可能になっていました。そうした中、取材を通して信頼関係を深めていたある作業員の家族との出会いによって道が開けました。「地下にいる兄がカメラをほしがっているのだが」という相談があったのです。

私たちは早速、小型のハイビジョンカメラに撮影方法や撮って欲しい映像の内容を記した手紙を添え、密かに地下に送り届けました。救出後に私たちに提供された映像には、それまで誰も目に下のことのない、地下生活の実態が記録されており、これが番組の根幹となったのです。

日本のテレビ局として初めての受賞を大変光栄に思っています。協力してくれた作業員やその家族、取材・制作の過程で苦楽をともにした多くの仲間たちに深く感謝をしています。


『苦しみながら、しかし最後には やって良かったと思えた1本です。』。放送後、石川さんはそう語っていました。日本で初めての国際エミー賞「時事問題部門」受賞というすばらしい結果に、心からお祝い申し上げます。今後のご活躍をお祈りします。(文:山田洋子 '77外独)

番組案内
授賞式の様子とあわせて番組の再放送が予定されています。ぜひご覧ください。

番 組 名:「とっておきサンデー」
     ※NHKスペシャルはこの放送枠の冒頭から放送されます。
放送日時:10月9日(日) 午前10:05~11:54(総合テレビ)

参考の関連HP
▽快挙!NHKスペシャルが国際エミー賞を受賞
http://www.nhk.or.jp/special/onair/jushou101024.html
▽朝日新聞
http://www.asahi.com/culture/update/0927/TKY201109270171.html
▽読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110927-OYT1T01197.htm
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。