FC2ブログ
最新記事
353

第27回「コムソフィア賞」・道傳愛子さん 授賞式と記念講演会を開催

「コムソフィア賞」はマスコミ・ソフィア会が1991年から各界で活躍、実績を残す上智大学関係者(卒業生、教職員、在学生など)を候補として、毎年選考して表彰して来ているものです。前回まではマスコミ・ソフィア会の行事として行っていましたが、当会の創立30周記念事業としてその規模を拡げ上智大学及び上智大学ソフィア会の後援のもとにマスコミ・ソフィア会が主催することになりました。第27回「コムソフィア賞」はNHKチーフ... 「コムソフィア賞」はマスコミ・ソフィア会が1991年から各界で活躍、実績を残す上智大学関係者(卒業生、教職員、在学生など)を候補として、毎年選考して表彰して来ているものです。<br />前回まではマスコミ・ソフィア会の行事として行っていましたが、当会の創立30周記念事業としてその規模を拡げ上智大学及び上智大学ソフィア会の後援のもとにマスコミ・ソフィア会が主催することになりました。<br />第27回「コムソフィア賞」はNHKチーフプロデューサーとしてラジオ、テレビのほか国際報道の第一線で活躍している道傳愛子さん(1988外英)に授与することに決定し、授賞式と道傳さんによる受賞記念講演会を下記の要領で開催します。<br /><br />記<br /><br />日時:2018年7月12日(木)<br />場所:上智大学四谷キャンパス2号館17階1702会議室(入場無料)<br /><br />17:15 開場<br />17:45 「コムソフィア賞」授賞式<br />18:00~19:15 受賞記念講演会「取材の現場から―日本と世界を考える」<br />19:30 懇親会(会費2000円・学生無料)2号館5階教職員食堂<br /><br />申し込み: ソフィア会webエントリー<br /> マスコミ・ソフィア会<br /> cumsophia@sophiakai.gr.jp<br /><br />主催:マスコミ・ソフィア会<br />後援:上智大学・上智大学ソフィア会<br /><br />道傳さんはNHKに入局後、アナウンサーとして番組キャスターとして主にニュース番組の最前線で活躍、バンコク特派員として東南アジアの抱える諸問題を広域的に取材するなどの実績を重ね、プロデューサとして現場を見続けている。<br />今回道傳さんには、取材者として見たことをどう伝えるか、取材対象との関係の作り方、インタビューや取材現場に入るまでの準備など、プロデューサとして常に考えていることを語っていただきます。日本と世界で見聞してきた取材現場での経験談は社会人はじめ在校生の皆さんにも興味の尽きないところでしょう。<br />そして、道傳さんは2014年にノーベル平和賞を最年少で受賞したマララ・ユスフザイさんの自伝の翻訳者でもあります。ジャーナリストの目線で行ったマララさんへのインタビュー、出会いのエピソードなども語っていただきます。<br />詳しくは添付のチラシも合わせてごらんください。<br /><br />クリックで拡大↓<br /><a href="https://blog-imgs-115.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20180630124623e72.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-115.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20180630124623e72.jpg" alt="コムソフィア賞チラシ道傳さん講演A4" border="0" width="240" height="340" /></a><br /><br />
359

磯浦康二マスコミ・ソフィア会前会長を偲ぶ会開催される

磯浦康二マスコミ・ソフィア会前会長が、さる4月7日85歳で永眠されました。それにともないマスコミ・ソフィア会では、磯浦さんを偲ぶ会を、ASFの日・5月27日(日)15時よりマスコミ・ソフィア会会員、ソフィア会会員、大学関係者そしてご遺族も出席して2号館402教室で行ないました。 会場には、遺族が持参された磯浦さんの遺影とともに、マスコミ・ソフィア会の創設以来の数々の業績が、マスコミ・ソフィア会30年の歩みと共にパネ... 磯浦康二マスコミ・ソフィア会前会長が、さる4月7日85歳で永眠されました。それにともないマスコミ・ソフィア会では、磯浦さんを偲ぶ会を、ASFの日・5月27日(日)15時よりマスコミ・ソフィア会会員、ソフィア会会員、大学関係者そしてご遺族も出席して2号館402教室で行ないました。 会場には、遺族が持参された磯浦さんの遺影とともに、マスコミ・ソフィア会の創設以来の数々の業績が、マスコミ・ソフィア会30年の歩みと共にパネル展示されました。<br />磯浦さんは、生前NHKアナウサーとして培った話術と報道センスが抜群でした。マスコミ・ソフィア会でもその力は遺憾なく発揮され、会報「コムソフィア」の編集に、マスコミ志望学生指導にそしてコムソフィア賞の選考・運営に情熱を注がれました。さらに長年にわたりマスコミ・ソフィア会だけでなくソフィア会の発展にも努力され、まさに”ミスター・マスコミソフィアン”でした。<br />偲ぶ会は、加藤春一前マスコミ・ソフィア会副会長の司会で、当日総会で新しく就任した村田 亨マスコミ・ソフィア会第3代会長の開会の辞ではじまりました。<br />戸川宏一ソフィア会会長が遺影に献杯した後、髙祖敏明前上智学院理事長、第2回コムソフィア賞受賞の石澤良昭前上智大学学長、第20回コムソフィア賞受賞の鳥飼玖美子ソフィア会副会長さらには剣持睦子前ソフィア会事務局長らが、磯浦康二さんの思い出を語り故人を偲びました。<br />会の途中からは、2007年マスコミ・ソフィア会が制作したDVD「ある日の常任幹事会」が放映されると、故人の笑顔がクローズアップし、会場からはため息がもれました。<br />閉会にあたり、磯浦さんの次男の新さんは、「父が最後に残した言葉が『四ツ谷に行きたい』でした。今日このよう会を催していただき天の父も喜んでいると思う」と感謝の言葉を述べられました。<br /><br />村田 亨(1964外露)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20190525201624b42.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20190525201624b42.jpg" alt="前会長偲ぶ会1_201806070101" border="0" width="290" height="190" /></a><br />(1)マスコミ・ソフィア会30年の歩みと故磯浦前会長の業績を展示したパネル<br /><br /><a href="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20190525201623fc2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20190525201623fc2.jpg" alt="前会長偲ぶ会2_201806070102" border="0" width="290" height="190" /></a><br />(2)遺影を前に献杯の音頭をとる戸川宏一ソフィア会会長<br /><br /><a href="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20190525201621f40.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20190525201621f40.jpg" alt="前会長偲ぶ会3_201806070103" border="0" width="290" height="190" /></a><br />(3)遺族を前に大学への貢献に感謝の言葉を述べる髙祖敏明前理事長<br /><br /><a href="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201905252016205c2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-127.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201905252016205c2.jpg" alt="前会長偲ぶ会4_201806070104" border="0" width="290" height="190" /></a><br />(4)偲ぶ会終了後、遺影抱くご遺族とマスコミ・ソフィア会常任幹事<br />
    Return to Pagetop