FC2ブログ
最新記事
346

アジアのノーベル賞「マグサイサイ賞」を石澤良昭教授が受賞

 さる8月31日フィリピンの首都マニラでアジアのノーベル賞とも呼ばれる「マグサイサイ賞」の授賞式が行われ、石澤良昭教授(2005〜11年学長、現上智大学アジア人材養成研究センター所長)が受賞した。この賞は、フィリピンの故ラモン・マグサイサイ大統領にちなみラモン・マグサイサイ財団が主催し、毎年アジアの平和や発展に尽くした個人や団体に贈られる。これまでインド貧民救済活動の故マザー・テレサ、世界貧困問題と居住環境...  さる8月31日フィリピンの首都マニラでアジアのノーベル賞とも呼ばれる「マグサイサイ賞」の授賞式が行われ、石澤良昭教授(2005〜11年学長、現上智大学アジア人材養成研究センター所長)が受賞した。この賞は、フィリピンの故ラモン・マグサイサイ大統領にちなみラモン・マグサイサイ財団が主催し、毎年アジアの平和や発展に尽くした個人や団体に贈られる。これまでインド貧民救済活動の故マザー・テレサ、世界貧困問題と居住環境改善に努力されたホルヘ・アンソレーナ神父や国連難民高等弁務官の緒方貞子氏(元上智大学教授)らも受賞している世界的な由緒ある賞だ。上智大学では3人目の受賞になる。<br /><br /> 石澤教授は1961年にアンコールワットを訪れて以来、遺跡の調査研究・保存修復・人材養成を続けてこられた。1970年代カンボジアではポル・ポト政権による大量大虐殺で人材を失いながらも、「アンコールワット遺跡保護と修復はカンボジア人によってなされるべきもの」との信念で活動してこられた。<br /><br /> 授賞の理由として、財団は「安全・衛生面での危険にさらされながらも、専門知識の確立とアンコールの保護に執念を燃やした。卓越した指導力でカンボジア人に自国遺産の保護の重要性を啓発した」と評価された。<br /><br /> 石澤教授は、マスコミ・ソフィア会が主催している第3回コムソフィア賞の受賞者でもある。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221320ca4.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221320ca4.jpg" alt="石沢先生(1)91" border="0" width="430" height="323" /></a><br />写真1.マグサイサイ賞授賞式での石澤教授(左端・TBS NEWS動画より)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221321cd5.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221321cd5.jpg" alt="石沢先生(2)西参道A" border="0" width="323" height="430" /></a><br />写真2.石澤教授指導のもと進められたアンコール西参道修復作業(A)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221323742.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221323742.jpg" alt="石沢先生(3)西参道B" border="0" width="430" height="323" /></a><br />写真3.石澤教授指導のもと進められたアンコール西参道修復作業(B)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221324b85.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170917221324b85.jpg" alt="石沢先生著書表紙写真(4)018" border="0" width="323" height="430" /></a><br />写真4.石澤教授著書『Challenging the Mystery of the Angkor Empire』 (上智大学出版刊)<br /><br />
347

Remember Pearl Harbor

アメリカの英雄的戦艦ミズリー号甲板に残る神風特攻兵の海軍葬跡 「Remember Pearl Harbor」は、アメリカ国民だけなく、我々日本人にも重い記憶を迫っていることをこの3月この地を訪問し自覚した。 今ハワイは、若い二人のハネムーンのメッカになっているが、76年前、中でもオワフ島真珠湾は日米開戦の火ぶたが切られた戦場であった。1941年12月7日朝、日本海軍戦闘機による奇襲で、アメリカの戦艦をはじめ航空機隊、石油タン... アメリカの英雄的戦艦ミズリー号甲板に残る神風特攻兵の海軍葬跡<br /><br /> 「Remember Pearl Harbor」は、アメリカ国民だけなく、我々日本人にも重い記憶を迫っていることをこの3月この地を訪問し自覚した。<br /><br /> 今ハワイは、若い二人のハネムーンのメッカになっているが、76年前、中でもオワフ島真珠湾は日米開戦の火ぶたが切られた戦場であった。1941年12月7日朝、日本海軍戦闘機による奇襲で、アメリカの戦艦をはじめ航空機隊、石油タンクなど港の海軍軍事施設は壊滅的破壊を蒙った。<br /><br /> 今もこの真珠湾のアメリカ海軍基地には、この時の爆撃により沈没した戦艦アリゾナ号の上に記念館があり、相対するように戦争終結の調印式を施行した戦艦ミズリー号が係留され、多くのアメリカ人が訪れる場所でもある。<br /><br /> 特にミズリー号は、第二次世界大戦、その後の朝鮮戦争、湾岸戦争にも参戦し活躍したアメリカ海軍の英雄的戦艦であるといわれている。この戦艦は沖縄戦に参戦した時、突入してきた神風特攻機により火災に見舞われたが、乗組員の必死の消火活動で沈没を免れている。甲板には、この神風特攻機による戦跡記念パネルが展示されている。<br /><br />▼「祖国に命を懸けた若者の死は敵も味方も無い」<br /> パネル解説によれば、1945年4月11日沖縄戦に向けて九州鹿屋を出撃した神風特攻機は、戦火をかいくぐり低空でミズリー号右舷に当たり、甲板が火災を起こした。乗組員の必死の消火活動で鎮火したが、甲板には、特攻機搭乗員の血まみれの遺体の一部が特攻機操縦席から回収された。<br /><br /> ミズリー号ウィリアム・キャラハン艦長は、多くの乗組員の反対意見にもかかわらず「祖国に命を懸けた若者の死には敵も味方も無い」と海軍葬を命じた。翌12日遺体は、急遽作られた日の丸国旗に包まれ水葬されたという。展示には、海軍葬さらに日本の搭乗兵と家族写真が掲載されている。<br /><br /> この展示パネルは、アメリカ国民に祖国を守るとはどういうことか無言に教えているように見れる。<br />戦艦ミズリー号ウィリアム・キャラハン艦長には、戦争の持つ非情さを透徹したリーダ―シップに感心せざるをない。<br />向山肇夫(1963年法法・日本ペンクラブ会員)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201709191046371c3.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201709191046371c3.jpg" alt="3_真珠湾アメリカ海軍基地係留されている戦艦ミズリー号(手前)800x600" border="0" width="430" height="323" /></a><br />写真1 真珠湾のアメリカ海軍基地内に係留されている戦艦ミズリー号(手前)と戦艦アリゾナ記念館<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2017091910463996a.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2017091910463996a.jpg" alt="4_水葬するミズリー号乗組員と海軍葬を命じたウィリアム・キャラハン艦長と神風特攻隊員と家族800x600" border="0" width="430" height="323" /></a><br />写真2 水葬する乗組員と海軍葬を命じたウィリアム・キャラハン艦長と搭乗兵・家族写真パネル<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170919104634403.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170919104634403.jpg" alt="1_ミズリー号右舷に残る特攻機突入跡800x600" border="0" width="323" height="430" /></a><br />写真3 戦艦ミズリー号右舷に残る神風特攻機突入跡<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170919104636c76.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170919104636c76.jpg" alt="2_戦艦ミズリ-号甲板に残る神風特攻隊員遺体水葬会葬者の足跡600x800" border="0" width="323" height="430" /></a><br />写真4 ミズリー号甲板に残る特攻隊員遺体水葬会葬者の足跡<br />
    Return to Pagetop