最新記事

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1382' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
250

【参加募集】第八回紀尾井の森カルチャー倶楽部は3月26日(水)

第八回紀尾井の森カルチャー倶楽部は「こ・い・ば・な・し」好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の八回目は、三水会との共催で、小説家の諸田玲子さん('76文英)に昨年4月より連載中の新聞小説「波止場浪漫」から「こいばなし」をテーマに講演いただきます。昨年4月に日本経済新聞で連載を開始し、現在も好評連載中の「波止場浪漫」は、明治20年代の半ばから日露戦争をはさんて... <span style="font-size:large;">第八回紀尾井の森カルチャー倶楽部は「こ・い・ば・な・し」</span><br /><br />好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の八回目は、三水会との共催で、小説家の諸田玲子さん('76文英)に昨年4月より連載中の新聞小説「波止場浪漫」から「こいばなし」をテーマに講演いただきます。<br /><br />昨年4月に日本経済新聞で連載を開始し、現在も好評連載中の「波止場浪漫」は、明治20年代の半ばから日露戦争をはさんで、日清戦争と第一次世界大戦の前後を舞台に「せつなく艶めいて、めくるめく・・悲恋」を描いた恋愛時代小説。小説に登場する人物が諸田さんの縁戚にあたる方とのことで、執筆の背景や裏話などをたっぷり聞かせていただけそうです。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-63.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20140314095625e90.jpg" alt="諸田玲子" border="0" width="272" height="353" /><br />諸田玲子氏<br /><br />◆当時の「波止場浪漫」執筆にあたっての諸田さんのことば:<br /><blockquote><p>『恋の話を書きます。せつなく艶めいて、めくるめく……悲恋。時代は明治20年代の半ばと大正の初め。日露戦争をはさんで、日清戦争と第一次世界大戦の前後、これまであまり書かれていない両時代の世相と市井の人々の暮らしを丁寧に描きたいと思います。<br /><br />舞台は清水港。巴川の河岸港から外洋港へ開港を夢見て築かれた波止場へ明治19年、いち早く船宿を建てて引っ越したのが清水の次郎長でした。<br /><br />主人公は次郎長の娘けん「波止場のおけんちゃん」と呼ばれて愛された実在の女性です。明治から大正を気丈に生き抜いた一女性の身をこがす恋をどうぞ堪能してください。』</p></blockquote><br />参加ご希望の方は、マスコミ・ソフィア会にメールでお申し込みください。<br />メール・アドレス:info@cumsophia.jp<br /><br />                    記<br /><br />■第八回マスコミ・ソフィア会・三水会共催・紀尾井の森カルチャー倶楽部<br /><br />日時:2014年3月26日(水)18時00分開場:18時30分開講:20時閉講(予定)<br />演目:「”波止場浪漫”こいばなし」<br />講師:諸田玲子さん('76文英)<br /><br />会費:学生500円、会員1000円<br />場所:(変更になっていますご注意ください)<br />   上智大学内紀尾井坂ビル5階 第4会議室<br />   ※四谷キャンパスのメンスト一番奥(ニューオータニ側)の11号館に<br />    入り、突き当りにあるエレベーター(3基)は11号館専用なので、左側に<br />    10m~20mぐらい進んだ左手にあるエレベーター(1基)をご使用下さい。<br /><br />キャンパスマップ:<br /><a href="http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya" target="_blank" title="http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya">http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya</a><br /><br />(※通常の場所はこちら)<br />四ツ谷上智大学構内 12号館 1F ソフィアンズ・クラブ<br />〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1上智大学12号館特別室 <br />Tel 03-3238-3041 FAX:03-3238-3028<br />(ソフィア会HP:http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html)<br /><br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br />■略歴:諸田玲子さん<br /><blockquote><p>◎1954年静岡市生まれ。 上智大学文学部英文科卒。外資系企業勤務を経て、向田邦子さん、橋田壽賀子さん、山田洋次氏などの台本のノベライズ や翻訳等を手がけた後、作家活動に入る。<br />◎1996年『眩惑』で デビュー。<br />◎2003年、『其の一日』で第24回吉川英治文学新人賞受賞。2007年、『奸婦にあらず』で第25回新田次郎文学 賞受賞。<br />◎2012年に『四十八人目の忠臣』で第1回歴史・時代小説大賞作品賞を受賞。<br /><br />◎近著紹介 <br />『ともえ』(平凡社)昨年9月発行、 <br />『相も変わらず きりきり舞い』(光文社)今年2月発行<br /><br />◎演劇関係<br />明治座4月公演 『きりきり舞い』上演。4月6日(日)ー4月26日(土)原作:諸田玲子、 脚本:田村孝裕、演出:上村聡史 出演:田中麗奈 加藤雅也 吉沢 悠/板尾創路/山﨑静代、八十田勇一、今井ゆうぞう、矢部太郎、熊谷真美、篠井英介</p></blockquote><br />■マスコミ・ソフィア会・紀尾井の森カルチャー倶楽部について<br /><br />上智大学は、今年創立100周年を迎えます。マスコミ・ソフィア会も1988年の発足以来四半世紀の大きな節目の年であります。そこでこの度、これまでの母校発展のための活動に加えて私ども培ってきた知恵や力を分かち合おうと、会員、上智大学関係者はもとより、広く近隣のみなさまにも参加いただける「マスコミ・ソフィア会紀尾井の森カルチャー倶楽部」を開校することに致しました。<br /><br />現在の約1000名のマスコミ・ソフィア会会員は、マスコミを中心に、いずれも様々な分野で偉業を成し遂げてきたツワモノぞろい。ツワモノらの貴重な体験談や生の声をお伝えすることで、少しでも皆さまの人生のお役に立てればと考えました。<br /><br />毎月1回、四ツ谷の上智大学ソフィアンズクラブ(聖イグナチオ教会横)にて開催して参ります。マスコミ関係、上智大学関係以外の方でも、どなたでも参加できます。
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。