最新記事
88

「原子炉崩壊」日本のメディアにもの申す

安全神話をばらまく日本のメディア ~第2次大戦のときと同じ国策機関かジャーナリスト 横川和夫('60文新)2011年3月28日□東京電力福島第1原子力発電所の崩壊事故についてのテレビ、新聞の報道ぶりは、政府、東電側の下請け広報機関と同じで、周辺住民はじめ日本人は自からの力で正確な情報をつかんで判断しないと大変なことになるというメディア不信を一層増大させる結果となった。メディアは権力、大企業依存の発想を捨てて... <table border="1" cellspacing="5" cellpadding="5" width="450"><tr><td>安全神話をばらまく日本のメディア ~第2次大戦のときと同じ国策機関か<br />ジャーナリスト 横川和夫('60文新)</td></tr></table><br /><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2011032900324569d.jpg" alt="福島第一原発会見0327" border="0" width="400" height="267" /><br /><br />2011年3月28日<br /><br />□東京電力福島第1原子力発電所の崩壊事故についてのテレビ、新聞の報道ぶりは、政府、東電側の下請け広報機関と同じで、周辺住民はじめ日本人は自からの力で正確な情報をつかんで判断しないと大変なことになるというメディア不信を一層増大させる結果となった。メディアは権力、大企業依存の発想を捨てて、ジャーナリズムの精神を取り戻さないと、ますます衰退の一途をたどるに違いない。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼大本営発表を垂れ流したメディア</span><br /><br />□日中戦争に始まる第2次世界大戦で日本の大手新聞とNHK、そして通信社は、大本営発表をそのまま鵜呑みにして垂れ流し、戦況の実態を伝えず「勝った。勝った」と、戦意を鼓舞するのに一役かった。それと同じように、今回も放射能汚染がどのような被害をもたらすかも分からない段階で、「この程度では安全です」という安全神話を一斉にまき散らしたのである。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼歴史は繰り返す</span><br /><br />□「歴史は繰り返す」ということわざ通り、戦後65年もたって、知らず知らずのうちにメディア、特に新聞を中軸とするジャーナリストは批判精神を忘れてしまったようである。そして政府、東電の広報機関になって、発表をあたかも真実のように垂れ流してよしとする風潮はどうして起きたのだろうか。私なりに考えてみた。<br />□原因はさまざまな要素が複雑に絡み合っている。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼ロボット人間をつくりだす学校教育</span><br /><br />□第1に学校教育が単なる受験競争に勝つための知識の詰め込み教育になり、自分で考えたり、独自の視点をもったりする教育が欠落してしまった。極端な言い方をすると上司の顔色をうかがい、その命令には忠実に従う人間ロボットを日本の学校教育は大量生産しているのである。メディアで働く人間も例外ではない。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼自主規制がはたらく現場</span><br /><br />□第2にそうしたロボット人間にとっての生き甲斐は、自分が何をしたいか、何を求めているかも分からないために、出世が人生の目的になってしまう。出世のためには上司に気にいられ、上司が求めることを先取りすることに人生をかける。そこには正義とか理想に生きる思いなどは微塵もない。メディアでも上司の目の色をうかがい、上司が嫌う話は自主規制して書かない。戦時中は検閲がものを言ったが、今は自主規制の検閲時代と言ってよい。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼欠如する独自の取材ネットワーク</span><br /><br />□第3に新自由主義経済による経済効率第一主義がメディア界にも浸透し、効率化、合理化が徹底したため、自由な取材活動ができない。金がかからず、苦労しないで原稿が書ける官庁、企業の発表に依存する体質になってしまった。つまり記者の自由な取材活動を通じてさまざまな人たちに出会い、話を聞き、専門的な知識を蓄えネットワークを広げていく基本的な取材が事実上できなくなった。<br />□今回のような未曾有の大事件、事故が起きると自分独自の取材網がないため、官庁に行って御用学者を紹介してもらうことが日常茶飯事となった。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼さまざまな便宜供与を受けるメディア</span><br /><br />□第4に東電などの大企業は、メディアの人間を接待したり、その幹部の子弟を入社させたりといったさまざまな便宜供与をきめ細かく行い、批判できないような仕掛けを想像を絶するような金を払って行っている。<br />□つまり東電など大企業側にすれば、メディアは完全に自分の手中に収めている。メディアの中枢を完璧に近いほどコントロールしているから、多少の不正が発覚しても、もみ消しが可能だというおごりがある。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼モミ消し可能の安心感が不正事件生む</span><br /><br />□過去に北海道庁、大蔵省、検察庁、新潟県警本部などで架空の領収書をねつ造したりして、幹部接待のための多額の遊興費などをひねり出し大きな社会問題になった。これはメディアと官庁との癒着から官庁側が何か問題が起きてもモミ消しが可能だという安心感から起きたと言ってよい。常にメディアの監視の目が光り、発覚したらモミ消しなど不可能という自覚と緊張感があったらできない話だ。それほど官庁とメディアは持ちつ持たれつの関係にある。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼データ改ざんなど日常茶飯事の東電</span><br /><br />□東電も同じである。1985年から90年代にかけて東京電力の13基の原発で、29か所に及ぶデータ改ざんが行われていたことが2002年8月に内部告発で明らかになった。調査が進むうちに10月には福島第一原発の1号炉で、格納容器の定期検査のデータ改ざんが発覚し、1号炉の1年間の運転停止という行政処分を受けている。□今回もデータを隠したり、情報公開をしなかったらメディアから批判されるという自覚と認識が東電と経産省原子力安全・保安院にあったら、「分かりません」「把握していません」という中途半端な記者会見はできないはずだ。データ隠しに対し記者側から厳しい追及や鋭い質問が出ないのは情けない話だ。(了)
87

「原子炉災害」高まるデータ隠ぺいの不信感

2011/03/20□福島原子力発電所の爆発事故についてのニュースを見ていると、東京電力が記者会見で「原発敷地の正門付近のモニタリングポストでの放射線量はこれまでとあまり変わりません。少し前に一時的に上がった原因は分かりません」と発表しているときに、「自衛隊のヘリコプターが注水しようとしましたが、上空の放射線量の濃度が高いため注水は中止しました」というニュースが同時に流れるのです。□また北沢防衛大臣が「3号機... <img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110321133332c29.jpg" alt="原子炉災害" border="0" width="500" height="303" /><br />2011/03/20<br /><br />□福島原子力発電所の爆発事故についてのニュースを見ていると、東京電力が記者会見で「原発敷地の正門付近のモニタリングポストでの放射線量はこれまでとあまり変わりません。少し前に一時的に上がった原因は分かりません」と発表しているときに、「自衛隊のヘリコプターが注水しようとしましたが、上空の放射線量の濃度が高いため注水は中止しました」というニュースが同時に流れるのです。<br /><br />□また北沢防衛大臣が「3号機に注水するのは(3号機が保つのは)今日が限界であり、苦渋の決断だ」と言っていました。しかし、それがどのような根拠によるものなのか、だれも発言しませんでしたし、記者も質問しませんでした。<br /><br />□このような状況を重ね合わせると、「放射線量は変わりありません」という東電側の発表は、本当のことを言っていない、情報収集力がない、組織的に行動がとれないといった状態にあると言ってよく、日本国内だけでなく世界的にも日本の危機管理能力、情報発信能力に対し不信感を増大させています。<br /><br />□アメリカはヘリコプターや無人探査機を飛ばして独自に放射線量の測定を始めました。またIAEA(国際原子力機関)の天野之弥(ゆきや)事務局長は技術者を連れて直接調査のため来日しました。<br /><br />□「データ隠ぺい」の不信感が高まっているとき、元マスコミに勤めていた友人から斎藤武一氏がインターネットで発表した「日本の悲劇」を読むように勧められました。斎藤氏は北海道の泊原発のある泊村の隣町、岩内町で30年以上、岩内原発問題研究会代表として反原発活動をしてきた人で、私は一読して「なるほどもっともだ」と思いました。下記をご覧下さい。<br /><br /><a href="http://d.hatena.ne.jp/aresan/20110317/1300369036%0D" target="_blank" title="「日本の悲劇」東北巨大地震と福島原発 ~本当のことを何も知らされない日本人(斉藤武一)">「日本の悲劇」東北巨大地震と福島原発 ~本当のことを何も知らされない日本人(斉藤武一)</a><br /><br />磯浦康二('57文新)<br />
86

身近な地震体験記 ~ 仙台在住編

2011/03/14仙台在住 和田です。ようやく電波が拾える状況になったので、投稿させていただきます。私は現在、仙台におり、東北学院大学で教員をしております。幸い、家族は無事で、何とかなりそうです。ただ仙台を始め、宮城、東北は悲惨きわまる状況です。原発の問題もあり、情報は圧倒的に不足、物資もありません。被災者もまだ救援できない状況ですが、とても素人の手に負えるような状況ではありません。仙台中心部には、自宅を... 2011/03/14<br /><br />仙台在住 和田です。<br /><br />ようやく電波が拾える状況になったので、投稿させていただきます。<br />私は現在、仙台におり、東北学院大学で教員をしております。<br />幸い、家族は無事で、何とかなりそうです。<br /><br />ただ仙台を始め、宮城、東北は悲惨きわまる状況です。原発の問題もあり、情報は圧倒的に不足、物資もありません。<br />被災者もまだ救援できない状況ですが、とても素人の手に負えるような状況ではありません。<br />仙台中心部には、自宅を失ったり、自宅に帰る方法を失って、茫然自失の状況にある人々がたくさんいます。<br />私も明日から、彼らの支援に向かいます。<br /><br />ご支援いただけるようでしたら、どうかご助力お願いいたします。<br /><br />また連絡させていただきます。<br /><br />和田正春('88経営)
85

身近な地震体験 ~渋谷の様子

3月14日:渋谷区の近所の状況をお知らせします。①六本木どおり沿いのガソリンスタンドは品切れ②渋谷駅前は、広告のパネルが停止していて、静かな印象③乾電池単1、2は完全に売り切れ。近所の商店街、コンビニも土曜日から在庫ゼロです。 ビックカメラは昨日夕方から全く在庫無の状況です。渋谷のビックカメラ2店舗をみましたが、最後の2枚の画像をごらんください。 ラジオ、懐中電灯、コンロ等売り切れです。ーー私は、お昼ご... 3月14日:渋谷区の近所の状況をお知らせします。<br /><br />①六本木どおり沿いのガソリンスタンドは品切れ<br />②渋谷駅前は、広告のパネルが停止していて、静かな印象<br />③乾電池単1、2は完全に売り切れ。近所の商店街、コンビニも土曜日から在庫ゼロ<br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144957dd0.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144957dd0.jpg" alt="3月14日六本木通り沿い南青山7丁目ガソリンスタンド" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144957251.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144957251.jpg" alt="3月14日渋谷駅前画像なしパネル" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br />です。 <br /><br />ビックカメラは昨日夕方から全く在庫無の状況です。渋谷のビックカメラ2店舗をみましたが、<br />最後の2枚の画像をごらんください。 ラジオ、懐中電灯、コンロ等売り切れです。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144618bf3.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144618bf3.jpg" alt="3月14日ビックカメラ渋谷" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144642cf8.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110314144642cf8.jpg" alt="3月14日ビックカメラ渋谷2" border="0" width="360" height="480" /></a><br /><br />ーー私は、お昼ごろにビックカメラに行って、野中さんが講演で話されたSANYOの<br />ENELOOPの最後の分といって箱からちょうど出てきた単3電池充電機と電池セットを<br />購入するのが精いっぱいでした。<br /><br />ードラッグストアはすいていたので、セッケン等日常用品も購入して、山のような荷<br />物で先ほど帰宅。人はいましたが、渋谷駅は、思ったより静かでした。<br /><br />山田洋子('77外独)
84

身近な地震体験記 ~ 千葉編

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆さまに心からお見舞い申し上げます。私は、11日の午後「NHK文化センター千葉教室」にいました。場所は千葉駅の近くのビルの8階で、午後2時から始まった「朗読講座」の真最中。2時45分頃、ぐらぐらっと来ました。横揺れが次第に大きくなり、それがますます大きくなり、立っていられません。20人程の生徒さんは椅子に座ったまま机にしがみついています。かなり広めの会議室が、壁際の棚に載って... 東北地方太平洋沖地震の被災者の皆さまに心からお見舞い申し上げます。<br /><br />私は、11日の午後「NHK文化センター千葉教室」にいました。場所は千葉駅の近くのビルの8階で、午後2時から始まった「朗読講座」の真最中。2時45分頃、ぐらぐらっと来ました。横揺れが次第に大きくなり、それがますます大きくなり、立っていられません。20人程の生徒さんは椅子に座ったまま机にしがみついています。<br /><br />かなり広めの会議室が、壁際の棚に載っていた囲碁の碁石が器ごと転げ落ちて、派手な音をたてバラバラと床に飛び散ります。実害はありませんが恐怖心をあおります。ビルの8階だから揺れが大きいのだろうと思いましたが、まるで船に乗っているようで、右に左に大きく揺れます。しかも揺れはなかなか収まらず永遠に続くかと思われるほどでした。「怖い」という感覚ではなく、揺れが生理的に作用するのでしょうか心臓がどきどきしてきました。<br /><br />ようやく収まった時、時計を見たら2時55分でした。後で2時46分から約6分間ということでしたが、10分以上続いたような実感でした。<br /><br />事務所から「本日は全教室中止」という連絡があり、エレベーターが止まっているので、階段で1階まで下りて解散しました。<br /><br />早速、千葉駅に行ってみると「首都圏の電車は全部運休」とのことで、これは「帰宅難民」になると思い、近くのビジネスホテルに駆け込んでチェックイン。これは好判断で、1時間後には「本日満室」の張り紙がでてました。<br />さて、家に連絡しようと思いましたが、携帯は不通。ホテルの電話もだめ。そこで外に出て「公衆電話」を探し、ビルの1階にある長い行列に並びました。<br /><br />丁度、この日は卒業式があったようで和服に袴姿の娘さんが数人並んで、車の迎えを頼んでいるようですが、なかなか連絡がとれない様子。電車が止まっているので、道路が渋滞し、特に、市原のコスモ石油のガスタンクの火災で道路規制があり、千葉市内へ入れないのだろうと、周囲の人と話していました。やっと6時半頃、緑色の公衆電話から家の電話に繋がり、家内と連絡が付きました。<br /><br />この時すでに、電話のあるビル1階の廊下には、新聞紙を敷いて床に座っている人が30人程、早目に閉店した近くのデパートの入口には、2重になっている扉の狭い空間の床に、20人位が座ったり寝転んだりしていました。コンビニに行くと弁当は全部売り切れ、駅の近くのコンビニでは、お茶やジュースも売り切れだったようです。<br /><br />次の日、10時半頃、千葉駅に行くと千葉、東京間は開通しており、満員電車を見送って始発に乗り、座って東京駅まで無事到着。12時少し前でしたが、東京駅のコンコースにはシートが敷かれ、毛布にくるまって寝ている人も数人・・・。中央線も動いており新宿に到着。というわけで、夕刻までには我が家に帰りつきました。<br /><br />それにしてもテレビで見る被災地の様子は涙なくして見られません。「主人と娘が津波にさらわれて」と泣き伏す女性、再会して抱き合って泣き出す親子、目をうつろにして子どもの名前と「生きていてくれ」とつぶやく男性、<br />必死になって名簿で家族を探す人々・・・。<br /><br />菅総理は国民へのメッセージで「戦後65年間経過した中で、ある意味でこの間で最も厳しい危機だ・・・」<br />と言いました。確かに、広範囲の地震津波の被害に原発事故が重なれば、大きな災害であるに相違ありません。テレビで、町が全部津波に飲み込まれ瓦礫と泥の海を前に茫然とたたずむ人々を見て、これは66年前、東京でアメリカのB29の空襲で被災し、焼け野原を前に茫然としていた私自身の姿によく似ています。<br /><br />しかし今回の本当の危機は「原発事故」だと思います。ごく僅かではあっても核燃料棒が融け「セシウム137」が外の環境に流れ出したと報じられました。テレビでは「レベル4」と言っていましたが、スリーマイル島の原発事故の一歩手前まで行ったのです。その後、注水に成功してメルトダウンへの危機は避けられたと報じられましたが、まだ完全に危機を脱したわけではありません。<br /><br />この事態を招いたのは、津波で浸水したため炉心へ冷却水を送る装置が稼働せず、燃料棒が一時水面から露出して温度が急激に上がったからだと言います。しかも「福島第1原発」の1号機、2号機に続き3号機も同様のトラブルが発生したのです。更に「福島第2原発」でもトラブルが発生しています。枝野官房長官が抑えて、抑えて慎重に発言していましたが、これは、戦後というより「有史以来」の大ピンチといっても良いでしょう。<br /><br />もともと地震や津波の危険が予想されるような土地に何故「原発」を建設したのでしょうか?まず、そこから考え直さなければならないでしょう。いくら、自然現象の地震や津波が原因とはいえ、原発から20キロ圏以内は避難しろと言われて不自由な避難生活を強いられた7万人~8万人の住民が原発の稼働再開や増設を簡単に許すでしょうか?<br /><br />私たちは現在「電気漬け」の生活をしています。これまで日本政府は、電力の使用を増やすように誘導し、更に地球温暖化対策には「原発」しかないといって電力の3割以上を原発でまかない更に7割まで増やそうとしてきました。しかし、今回の事故でそれは困難になりました。<br /><br />このため、明日3月14日から東電管内の関東地方1都8県で「輪番停電」を行うことになりました。「停電」といえば「第2次世界大戦中」から戦後にかけて、毎日のように停電があったことを思い出します。しかし、これから私たちは発想の転換をしなければならないでしょう。例えば、大電力を大規模な送電線で長距離を運ぶという今の方式が最適の方法なのか?今の方法では、送電経路上のロスがかなり大きいのです。もう少し小規模な発電方式で狭い地域に供給する方法はないのでしょうか?<br /><br />また、地震や津波など自然災害に左右されないエネルギー供給方法はないものでしょうか?技術の進歩で解決する方法はないのでしょうか? そうした基本的な所から今後のエネルギー問題を考える必要があると思います。<br /><br />磯浦康二(1957文新)
83

身近な地震体験記 ~ 目黒区編

 東北地方太平洋沖地震の被災者の方に、心よりお見舞い申し上げます。私も幸運にも被災はしませんでしたが、当日の雑感を記します。・鎌倉から東京に来ていた叔父が帰宅できず、高血圧の年よりにはちょっとかわいそうでした。鎌倉方面が夜まで停電で、自宅に連絡はとれず。品川近くの線路で、JRから降ろされ、徒歩で、新高輪プリンスへ。ところがプリンスホテルは安全確認のために、宿泊させてくれず、大勢の人がロビーで一晩をあ...  東北地方太平洋沖地震の被災者の方に、心よりお見舞い申し上げます。私も幸運にも被災はしませんでしたが、当日の雑感を記します。<br /><br />・鎌倉から東京に来ていた叔父が帰宅できず、高血圧の年よりにはちょっとかわいそうでした。鎌倉方面が夜まで停電で、自宅に連絡はとれず。品川近くの線路で、JRから降ろされ、徒歩で、新高輪プリンスへ。ところがプリンスホテルは安全確認のために、宿泊させてくれず、大勢の人がロビーで一晩をあかしたようです。<br /><br />・その他、結婚式等行事のあった方は大変ですね。近所の聖心女子大の門には「卒業式中止」のびらが貼ってありました。<br /><br />・市民団体の入っている神田小川町のビルは、昭和の香りたっぷりの古い建物ですが、ひびが入って、危ないのではなかろうかという連絡を先程受けました。。<br /><br />・月曜に事務所の片づけ(花瓶等がおちたようで)に行く予定でしたが、それも、他の人に見直したほうがよいといわれました。たまたま金曜に出た人は、本当にこわかったようです。<br /><br />・地震当日、私は、毎週神田方面で市民団体の仕事があったのですが、他の人の都合で来週水曜に交代となり、自宅に終日いました。私と交代した人は、明治大学で一晩過ごしたそうです。<br /><br />・プリンスホテルロビーに滞在した叔父によると、ホテルの人は親切で、シーツが配布されて無事に一晩すごしたとのことでした。しかし、朝の品川駅の混雑は普通ではなかったので、ホテルにもどり、やっとあいた部屋で休んでから帰宅したとのことでした。本日の知合いの結婚式出席はあきらめたとのことでした。<br /><br />・自宅にいた私は、地震がおこった瞬間は、たなに載せていた花瓶や飾ってあった雛人形等を、瞬間的に床の上におろし、壊れませんでした。食器棚が倒れないように抑えたりして、本が上から落ちた程度ですみました。どうなるかと思いました。運動靴、手袋を室内の自分の近くにもってきました。<br /><br />・ガラスケース入りの飾り物や生けた花も、こういう時は、鑑賞しているどころではないですね。<br /><br />・明日試験監督補佐のバイトで東武動物公園まで行く予定でしたが、全国試験がキャンセルになって一安心です。<br />http://www.toeic.or.jp/info2/0000000054.html<br /><br />・本日12日はちょっと外出しましたが目黒から渋谷方面の山手線が、動きそうな雰囲気で、皆おとなしくフォームにいるので、少し立っていたのですが、全くJRの情報があてにならないことがわかり、都バスで帰宅。「今、大崎駅まで電車が来ている」というアナウンスがあったのですが、10分後に「田町駅と品川駅の間で停止している」という内容にかわりました。おとなしく文句もいわずにフォームにいる日本人の従順さに感心しました。<br /><br />・もしかしたら、ニュージーランドで地震にあって、帰国したら、また地震にあった人もいるかもしれませんね。<br /><br />・知合いで、美容院で髪を洗っているときに地震になって、お湯が途中ででなくなって、大変だった人もいるようです。<br /><br />・まだまだ余震が続く東京都内ですが、来週は雨が予想され、市原のコスモ石油のタンク火災の隣接科学工場からも出火して科学物質の大気中への流出があったそうで、有害物質の含まれた雨が降るなどの噂も広がっています。宮城や福島などの救助活動支援も当然のことですが、2次災害、3次災害が起こらぬよう、都内に住むみなさまも、各自で身の安全を心がけてゆかねばなりません。<br /><br />山田洋子('77外独)
82

身近な地震難民体験記 ~ 横須賀編

 東北地方太平洋沖地震の被災者の方に、心よりお見舞い申し上げます。被災こそはしませんでしたが、きのうの地震で、私は横須賀にいて、横浜の自宅に帰れず、地震難民となった体験を報告します。 日に日に被害が拡大する中、不謹慎な言い方かもしれませんが、それは初めての経験で、わくわく・ドキドキする二日間でした。 2011年3月11日午後2時46分、東北・関東を襲った巨大地震はM8.8の国内観測史上最大、死者・行方不明1450...  東北地方太平洋沖地震の被災者の方に、心よりお見舞い申し上げます。被災こそはしませんでしたが、きのうの地震で、私は横須賀にいて、横浜の自宅に帰れず、地震難民となった体験を報告します。<br /><br /> 日に日に被害が拡大する中、不謹慎な言い方かもしれませんが、それは初めての経験で、わくわく・ドキドキする二日間でした。<br /><br /> 2011年3月11日午後2時46分、東北・関東を襲った巨大地震はM8.8の国内観測史上最大、死者・行方不明1450人超でしたが、私は5分後の午後2時51分に横須賀で約1分間の大きな横揺れを感じました。地震の長さは、私がリマ特派員のとき1970年にペルー地震があり、そのときは「もうこの世の終わりか」と思うほど長く、2分40秒も続きました。死者は6万人でした。<br /><br /> 横須賀・汐入の市民活動サポートセンター1階にいて、デッカー米海軍横須賀基地第4代司令官夫妻著『黒船の再来』の校正を10人でしているところでした。<br /><br /> 横須賀市の職員に「皆さん、避難してください」といわれ、私は大きなテーブルの下に隠れる。<br /><br /> 女性たちは自宅に電話しましたが、すでに停電になっていたか、電話が通ぜず、仕事もそこそこに帰宅を始める。<br /><br /> 大津波警報が出たとの市職員の広報に、横須賀学の会の男性陣としても協力しなくてはと早めに切り上げて、5時前に中央駅前の居酒屋「さくら水産」に移動した。横須賀市内の人は徒歩やタクシーで帰宅したが、結局、横浜に住む私と福島与士男さんの二人で飲むことに。<br /><br /> 午後6時になっても普通のバス待ちで飲んでいる武山の女性もいたり、店は八分の入りでしたが、私は生ビールと芋焼酎のお湯割り各1杯、福島氏は生3杯で8時まで、京急開通待ちでねばったものの、横須賀中央駅近くのセントラルホテルに1泊を決意して、会計は締めて4300円。<br /><br /> ホテルはすでに満室で、断られる。ただ係員の女性はロビーを休憩所に開放していること、公衆電話とフロントの電話をサービスしてくれる。初めてこういうときの親切さを実感する。<br /><br /> 結局、学の会代表の大橋祥宏君の家は富士見町が停電で、電話が不通、佐野町に住む姉の角井桂子宅に世話になることに。すでに9時を過ぎていた。寒いところ平坂を歩いて上ったが、平坂上でバスが通っているのがわかり、それに乗る。<br /><br /> 桂子宅に着いて、ラジオを借りて情報を収集。土日休業の作業所の床に布団を2組敷いてもらい、にわか避難所というか、簡易ホテルに早替わり。暖房が何よりのご馳走だ。トイレも水道も完備だ。電話も使い放題。涙が出るほどうれしかった。姉に感謝、神に感謝。<br /><br /> でも、枕や布団が替わり、頭がさえて、なかなか眠れない。<br /><br /> 急なことで、催眠剤を不所持だったこともあるか。やっと朝方、ぐっと眠れたが、 寝不足は否めない。<br /><br /><img src="http://cumsophia.jp/_src/sc381/91BE95BD97m89AB92n90k82C592EB82CC8CN8Eq979682CC94AB82AA91E482A982E7978E82BF82C48EU979082B582BD1.JPG"><br />太平洋沖地震で庭の君子蘭の鉢が台から落ちて散乱した(1)<br /><br /> 明けて12日朝6時すぎ、またラジオをかけて情報収集に努めるも、求める京急開通と東横線開通のニュースがなかなか出てこない。NHKより徳光和夫さんのニッポン放送がよかった。やっと8時過ぎに開通の確認がとれた。近くのコンビニに福島さんがおにぎりや水を買いに行ってくれたが、姉から味噌汁と太巻きの朝食の差し入れが。うれしかった。<br /><br /> 9時に礼を言って、水道代・電気代・電話代として2,000円を作業所に寄付して、簡易宿泊所を辞する。<br /><br /> あとは「帰心矢の如し」でバス、京急を乗り継いで一路横浜へ。妙蓮寺の福島氏とお別れする。<br /><br /> ちょうど10時に、いつも買物をするダイエー横浜西口店に行くと、なんとそのビル周辺にヒビが入り、臨時休業の貼り紙が。倒壊寸前で廃業の危険も。<br /><br /> 頼まれた買い物ができなくなり、また3月27日で建て替えのため休業するシャルもなくなり、買い物パニックになりかねない。<br /><br /><br /><br /> 10時半、帰宅すると玄関の大鏡が落ちていたが、割れずに無事。自分の書斎の書棚から父の絵葉書アルバムなどが落ちた程度。だが、庭に出てみると、君子蘭などの鉢を乗せた台が倒れて鉢数個が散乱。台を壊して地べたに置いて一件落着。<br /><br /><img src="http://cumsophia.jp/_src/sc382/91BE95BD97m89AB92n90k82C592EB82CC8CN8Eq979682CC94AB82AA91E482A982E7978E82BF82C48EU979082B582BD2.JPG"><br />太平洋沖地震で庭の君子蘭の鉢が台から落ちて散乱した(2)<br /><br /> 同居する孫娘3人も自宅に帰れなかった組。大船の清泉女学院高3年の奈絵と清泉中3年の裕奈は港南台の娘教子の家に泊めてもらい、鎌倉の清泉小6年の美奈は母が夜、車で引き取りに行って朝帰り。<br /><br /> 大橋君の娘さんは夕べ上大岡で足止めを食らい、京急の施設に泊めてもらい、朝8時までには帰宅。<br /><br /> みんなに、心配をして電話をかけまくったが、ケイタイは使えず、災害時は固定電話に限る。ともかく全員無事で翌日の午前中に帰宅できたのは何よりでした。<br /><br /> 佐々木寛('59外英)
81

東北地方太平洋沖地震対応について

東北地方太平洋沖地震で被災された学生・卒業生の皆様へ2011/03/12東北地方太平洋沖地震の被災者の方におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。現時点(12日午前9時現在)上智大学の関係者(教職員、学生)が被災したとの連絡は入っていないとのこと(上智大学ホームページ)です。マスコミソフィア会では、今回の地震で被災されたソフィアンの安否情報を収集して、みなさまにお伝えいたします。身近に被災情報などがありま... 東北地方太平洋沖地震で被災された学生・卒業生の皆様へ<br /><br />2011/03/12<br /><br />東北地方太平洋沖地震の被災者の方におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。<br />現時点(12日午前9時現在)上智大学の関係者(教職員、学生)が被災したとの連絡は入っていないとのこと<a href="http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/news/2010/3/globalnews_180/20110312?kind=0" target="_blank" title="(上智大学ホームページ)">(上智大学ホームページ)</a>です。<br /><br />マスコミソフィア会では、今回の地震で被災されたソフィアンの安否情報を収集して、みなさまにお伝えいたします。身近に被災情報などがありましたら下記のマスコミソフィア会問い合わせアドレスまでメールでお知らせください。<br /><br />info@cumsophia.jp<br /><br /><a href="http://www.sophia.ac.jp/jpn/studentlife/scholarship/scholarship_0006/scholarship_0082?kind=0" target="_blank" title="上智大学安否情報窓口">上智大学安否情報窓口</a>
80

慰霊碑「哀しみの東京大空襲」供養式に出席して

平成23年3月9日磯浦康二('57文新)▼広島、長崎の原爆被害に匹敵する犠牲者の数 ~ 66年前の東京大空襲犠牲者を悼む慰霊祭に出席して・・・ 今年も3月9日に、上野駅近くの寛永寺輪王殿脇にある慰霊碑「哀しみの東京大空襲」の前で供養式と「時忘れじの塔」記念式典が行われました。66年前の昭和20年3月10日、東京の下町はアメリカ軍機B29の焼夷弾攻撃を受け12万人以上が犠牲となりました。この慰霊碑は、初代林家三平夫人で... 平成23年3月9日<br />磯浦康二('57文新)<br /><br /><span style="font-size:large;">▼広島、長崎の原爆被害に匹敵する犠牲者の数<br /> ~ 66年前の東京大空襲犠牲者を悼む慰霊祭に出席して・・・</span><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110311112639a0c.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110311112639a0c.jpg" alt="海老名香葉子氏" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> 今年も3月9日に、上野駅近くの寛永寺輪王殿脇にある慰霊碑「哀しみの東京大空襲」の前で供養式と「時忘れじの塔」記念式典が行われました。66年前の昭和20年3月10日、東京の下町はアメリカ軍機B29の焼夷弾攻撃を受け12万人以上が犠牲となりました。この慰霊碑は、初代林家三平夫人でエッセイストの海老名香葉子さんが寄附を募り私財を投じて建立したもので、供養式には東京をはじめ北海道や長崎などからの遺族ら約1,000名が参加しました。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼火の中を逃げて、逃げて</span><br /><br /> 式の主催者の海老名さんは「66年前の3月9日夜半から下町一帯は火の海となり、火の中を逃げて、逃げて・・・家族6人はまだ行方不明のままです。弟は4歳でしたが、どんなに怖かっただろうかと思います。母がしっかり抱いていたそうです。親類全部で18人もの人が3月10日にいなくなりました。思い出す度に泣きます。この悲しみが永久に語り継がれることを願ってやみません」と述べました。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼逃げられないように四角の炎の壁</span><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110311112639b15.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110311112639b15.jpg" alt="供養式会場" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> 米軍機B29数百機による大規模な「東京大空襲」は昭和20年3月10日、4月13日、5月24日から25日にかけての3回行われ、3月10日は最も被害が多く、2時間余の空襲で12万人以上の犠牲者があったと言われています。しかし正確な公式記録はありません。米軍機はまず目標の4つの地点に目印になる焼夷弾を落とし、それを四角に結ぶように焼夷弾を投下して四方に炎の壁をつくり人々が逃げられないようにしてから絨毯(じゅうたん)爆撃を行い炎の壁の中の人々を、家もろとも焼き殺しました。また下町は川にかかる橋が多く逃げる障害となり被害を大きくしました。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼許可されなかった慰霊塔の建立</span><br /><br /> ヒロシマ、ナガサキの原爆被害に匹敵する犠牲者がありながら、東京には公的な慰霊施設はありません。東京両国の「東京都慰霊堂」に関東大震災の慰霊施設に、間借りのような形で10万体以上の遺骨が納められています。敗戦後、東京都の戦災犠牲者を祀る施設建設が計画されましたが米軍は許可しませんでした。昭和22年2月24日発行の「戦災者慰霊塔建立について」という東京都の公式文書があります。それには、アメリカ占領軍司令部の考えとして「日本国民に戦争を忘れさせたいのである。戦災慰霊塔を見て再び戦争を思い出させることがあってはならない。だから慰霊塔の建立は許可しない」とはっきり書かれています。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼海老名香葉子さんが私財を投じる</span><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2011031111263927b.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-37.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2011031111263927b.jpg" alt="慰霊碑" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /> その後、占領軍司令部GHQから「震災慰霊堂こそふさわしい」という示唆があり現在の形になったのです。戦争の犠牲者と天災の犠牲者を一緒にするのはおかしいという声があったのですが占領中は言うことを聞くほかはありませんでした。しかし、米軍の占領が終わった後も日本政府や東京都は、アメリカの意向を踏襲したのでしょうか、公設の慰霊施設を一切つくろうとしませんでした。<br /><br /> いくら運動しても、らちが明かず海老名香葉子さんは寄附を募り私財を投じて、戦後60年の平成17年3月9日に慰霊碑「哀しみの東京大空襲」を建立したのです。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼焼夷弾の落ちる中を逃げまどう</span><br /><br /> 私は、昭和20年4月13日の2回目の東京大空襲に遭い、家族5人で焼夷弾の雨霰(あられ)と落ちる中を逃げまどいました。幸い家族は無事でしたが家も入学したばかりの中学校も焼けました。見渡す限りの焼け野原を眺めて茫然としていたことを、はっきり覚えています。3月10日ほどではありませんでしたが、黒こげの焼死体をたくさん見ました。あの時、幸い助かりましたが一歩間違えば焼夷弾に当たっていたかもしれない、炎に追われて死んでいたかもしれない、家族が被害に遭えば孤児になっていたかもしれないと思うと本当に人ごととは思えません。<br /><br /><span style="font-size:large;">▼粗末な犠牲者の扱いに腹が立つ</span><br /><br /> 毎年、上野の供養式で思うことは、道路に面している慰霊碑の前で行われるので、道路の3分の1位に縄を張ってパイプ椅子を並べるのですが、多くの人々の後ろをひっきりなしに車が通ります。読経が続く間も「ハーイ車が通りますヨー、気をつけて!」と係の人が声をからしています。せめて式が行われている1時間くらいは車を通行止めに出来ないのでしょうか? <br /><br /> 12万人以上の犠牲者を考えると、あまりに粗末な犠牲者の扱い、今でもアメリカの意向にそっているとしか思えない日本政府や東京都に腹が立ちます。(了)
79

【書評】孔健 辛坊治郎 共著 中国この腹立たしい隣人(実業之日本社)

中国 この腹立たしい隣人辛坊 治郎 孔健 実業之日本社 2011-03-01売り上げランキング : 565Amazonで詳しく見る by G-Tools中国擁護派の孔健氏と、中国に常に批判的な辛坊治郎氏が共著で、日中間の様々な問題を辛坊氏が疑問を投げかけ、その疑問に対して孔健氏が見解という形で疑問に答える。更に疑問への答えに辛防氏が独り言で独自の見方を披露する分りやすい本である。例えば、 序章 世界に喧嘩を売りまくる中国 1章 中国... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108812/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51NtKntMpWL._SL160_.jpg" border="0" alt="中国 この腹立たしい隣人" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108812/twoc-22/" target="_top">中国 この腹立たしい隣人</a><br />辛坊 治郎 孔健 <br /><br />実業之日本社 2011-03-01<br />売り上げランキング : 565<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108812/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />中国擁護派の孔健氏と、中国に常に批判的な辛坊治郎氏が共著で、日中間の様々な問題を辛坊氏が疑問を投げかけ、その疑問に対して孔健氏が見解という形で疑問に答える。更に疑問への答えに辛防氏が独り言で独自の見方を披露する<br /><br />分りやすい本である。<br /><br />例えば、<br /><br /> 序章 世界に喧嘩を売りまくる中国<br /> 1章 中国の人  金と恋<br /> 2章 中国の社会 格差 無秩序<br /> 3章 中国の政治 国内どこも揉め事だらけ<br /><br />例えば、中国の沿海にある都市は「海の国」と定義し、殆どが親日的で一方、陸に有る「山の国」は反日的という形で優しく解説しているので、現在の日中問題の多くの課題を複眼的に理解する上では好著である。<br /><br />定価は952円で、しかも問題点、疑問、独り言等、夫々章分けされ、しかも重要なポイントは赤線が引かれ、理解するべきポイントが整理されている手引書でもある。<br /><br />2月25日には、孔子文化賞授与式 チヤイナドラゴン18周年記念等の式典が椿山荘で開催され、約600人以上の参加者が参加され盛大に執り行われた。<br /><br />(論評 加藤春一('68経経))
77

カボチャの絵で人気の長谷川瑞吉さんが個展を開催

長谷川瑞吉展日程:2011年4月19日(火)~29日(金)11時~19時会場:ギャラリー・アビアント住所:〒130-0001東京都墨田区吾妻橋1-23-30-101※都営メトロ銀座線・浅草駅4出口より4分TEL & FAX : 03-3621-0278第23回目になる長谷川瑞吉さん('69外ポ)の「カボチャの個展」が行われます。長谷川さんは、1946年福島県生まれ 1969年上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。在学中は美術研究会に所属。1973~74年ポルトガル国リ... <table border="1" cellspacing="5" cellpadding="5" width="450"><tr><td>長谷川瑞吉展<br />日程:2011年4月19日(火)~29日(金)11時~19時<br />会場:<a href="http://abientot.cool.ne.jp/" target="_blank" title="ギャラリー・アビアント">ギャラリー・アビアント</a><br />住所:〒130-0001東京都墨田区吾妻橋1-23-30-101<br />※都営メトロ銀座線・浅草駅4出口より4分<br />TEL & FAX : 03-3621-0278</td></tr></table><br /><br /><img src="http://blog-imgs-45.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110306134523e00.jpg" alt="長谷川さん" border="0" width="400" height="348" /><br /><br />第23回目になる長谷川瑞吉さん('69外ポ)の「カボチャの個展」が行われます。<br /><br />長谷川さんは、1946年福島県生まれ 1969年上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。在学中は美術研究会に所属。1973~74年ポルトガル国リスボンに滞在して描く。日本美術家連盟会員 個展歴22回<br /><br />「かぼちゃ」を題材にしたユニークな絵をいつも描いています。<br /><br />お問い合わせは会場、またはマスコミソフィア会まで
76

三水会2月講演会 「しあわせな人生へのお導き」 辻かおりさん

三水会 2月講演会「しあわせな人生へのお導き」 ― 「汝自身を知れ」講師:スピリチュアルセラピスト 辻 かおりさんプロフィール:1991年上智大学比較文化学部からアメリカの大学へ編入。       1994年メリーランド州立大学心理学・学士課程卒、       1997年アラバマ州トロイ大学経営学・修士課程卒日時:2011年2月16日(水)18時30分~21時場所:ソフィアンズクラブにて(参加者数... <table border="1" cellspacing="5" cellpadding="5" width="450"><tr><td>三水会 2月講演会<br />「しあわせな人生へのお導き」 ― 「汝自身を知れ」<br />講師:スピリチュアルセラピスト 辻 かおりさん<br />プロフィール:1991年上智大学比較文化学部からアメリカの大学へ編入。<br />       1994年メリーランド州立大学心理学・学士課程卒、<br />       1997年アラバマ州トロイ大学経営学・修士課程卒<br />日時:2011年2月16日(水)18時30分~21時<br />場所:ソフィアンズクラブにて(参加者数21名)<br /></td></tr></table><br /><a href="http://comsophia.files.wordpress.com/2011/02/e38397e383ace382bce383b3rimg4573.jpg"><img class="alignnone size-full wp-image-538" title="Exif_JPEG_PICTURE" src="http://comsophia.files.wordpress.com/2011/02/e38397e383ace382bce383b3rimg4573.jpg" alt="" width="400" height="300" /></a><br /><br /> 辻 かおりさんは東京都板橋区生まれ。日本フィットネスヨーガ協会認定上級ヨガインストラクターであり、NPO法人サラージ副理事長である矢加部幸彦氏より認定を受けたスピリチュアルセラピストです。上智不動産ソフィア会、ならびに麻布ソフィア会の会員でもあります。 現在ご自身がおこなっている“ガイディングセラピー“をなぜはじめたのか、しあわせに活きるにはどうしたらいいのかを、その人生遍歴の体験から、お話になりました。<br /><br /><span style="font-size:large;">▲ なぜ“ガイディングセラピー”をはじめたのか?</span><br /><br /> しあわせに活きるには方法があるということを知らなかったために、その方法に従うどころか、むしろ反対にしあわせから遠ざかることをしながら活きてきた。その結果、人生のどん底に落ちてしまい、そこから這い上がろうと助けを本に求めて、さまざまな本を読んだ。本の中から初めてしあわせに活きるには方法があるということを知る。どん底の苦悩生活を送っている時に利用した無料ホットラインのセラピストに助けられたことに感銘を受け、しあわせを求める人のお手伝いが出来ればと言う強い想いから、2008年より“ガイディングセラピー“を始める。<br /><br /><span style="font-size:large;">▲ “ガイディングセラピー“とは?</span><br /><br /> 人生哲学・成功哲学などの教えに基づいたしあわせに活きるための実践方法を伝える心理カウンセリング。『しあわせへ導く』=ガイド、ということでガイディングセラピーと名付けた。<br /><br /> <br /><br /><span style="font-size:large;">▲ しあわせに活きるには?</span><br /><br /> しあわせは潜在意識に何が入っているかで決まるので、自分の心が何にさらされているのかによくよく注意をしなければならない。心は実在意識と潜在意識によって成り立っていて、その大部分を潜在意識が占めている。潜在意識の中に思考の素が溜められているので、潜在意識が思考の素となるものを受け取りやすい状態の時にはネガティブなことに接しない。ポジティブなことに接する。ネガティブなものに接した時はきっぱりと拒否する。ポジティブなものはしっかり受け入れるという習慣を身につけることが大事。例えば、水の入ったコップの中に、墨が入って水が濁ってしまった場合、その水をきれいにしようとするには、きれいな水を何度もそそぎ込むことで、浄化されていく。つまり、ネガティブなものを増やさないようにしながら、ポジティブなものを入れ続ければよい。さらに潜在意識には、頻度と強度に反応する、想像と現実の区別がない、時間の区別がない、主語の区別がない(いつも自分)、肯定と否定の区別がない等の特徴があるので、ガイディングセラピーでは、潜在意識をしあわせに繋がるようにポジティブな状態に導く実践方法を多種伝授している。たとえば、眠りに落ちる直前、目覚めてすぐ、リラックスしてぼーとしている時などは、楽しいことを想像したりポジティブものを潜在意識に入れるようなことをするとよい。体と同じように、毎日心をきれいにしてあげる、心の栄養になることをするということも、しあわせに活きる大切な習慣である。<br /><br /><a href="http://comsophia.files.wordpress.com/2011/02/e38397e383ace382bce383b3rimg4587.jpg"><img class="alignnone size-full wp-image-539" title="Exif_JPEG_PICTURE" src="http://comsophia.files.wordpress.com/2011/02/e38397e383ace382bce383b3rimg4587.jpg" alt="" width="400" height="300" /></a><br /><br /><span style="font-size:large;">▲ 心と体の関係</span><br /><br /> 川にたとえると、心が上流で、体が下流になる。いくら、下流をきれいにしても、上流をきれいにしなければ、上流の汚れが下流に流れてきてしまう。要するに、いくら行動を起こしたところで心が調っていなければ、その行動は実を結ばないということ。<br /><br /> 経験がしあわせを創っているのではなく、しあわせになると言う決心がしあわせな経験を創りだしている。<br /><br /><span style="font-size:large;">▲ 人生とは?自分にとってのしあわせとは?</span><br /><br /> 人生とは魂の旅であり、自分が望むことを体験する旅である。自分にとってのしあわせとは、まず自分が心から望むことは何かを正直に自分自身と向き合って知ることからはじまる。つまり、「汝自身を知れ」Gnothi Seauton(Know Thyself)である。<br /><br /><span style="font-size:large;">▲ 感想:</span><br /><br /> 「病は気から」から 「プラシーボPlacebo効果」とか、心理学、哲学までの幅広い内容で、在日米軍司令部に勤務なさっていた当時の話題も含め、非常に刺激に富んだ講演会でした。最後に瞑想のようなミニセラピーの時間ももうけられ、参加者ひとりひとりが「自分にとってのしあわせな人生とは何か?」を感じることができたと同時にリラックスすることもできました。辻さんはアメリカへの引っ越しを期に上智を中退なさったそうですが、母校に対する感謝と愛着を強く感じました。<br /><br />(報告:松村裕幸―'70外ポ、山田洋子―'77外独)
  • Date : 2011-03-06 (Sun)
  • Category : 三水会
    Return to Pagetop