最新記事

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1382' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
20

第18回コムソフィア賞は「千の風になって」の新井 満さんに決定!

第18回コムソフィア賞は新井満さんに決定! 2008年5月、マスコミ・ソフィア会のコムソフィア選考委員会は第18回コムソフィア賞「千の風になって」の新井 満さん(1970法法)に決定しました。(写真) 選考理由:新井満さんは2000年夏「千の風になって」を発表。2006年の「紅白歌合戦」で歌われ全国に広まり、数多くの歌手がカバーし総枚数は250万枚ともいわれる。これを受けて新井さんは「千の風になって」の印税、商標料... <span style="font-size:x-large;">第18回コムソフィア賞は新井満さんに決定!</span><br><br> <img id="image67" alt=新井満氏 src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2008/06/aeethresize.jpg" align="left" Hspace="10" Vspace="5"> 2008年5月、マスコミ・ソフィア会のコムソフィア選考委員会は第18回コムソフィア賞「千の風になって」の新井 満さん(1970法法)に決定しました。(写真)<br><br> <strong>選考理由</strong>:新井満さんは2000年夏「千の風になって」を発表。2006年の「紅白歌合戦」で歌われ全国に広まり、数多くの歌手がカバーし総枚数は250万枚ともいわれる。これを受けて新井さんは「千の風になって」の印税、商標料などを「千の風基金」に寄付し、基金は町おこし資金として役立てられている。「千の風になって」は広く社会現象を起こしただけに留まらず、成果を社会貢献に役立たせるなど、マスコミ界に従事するソフィアンとして顕彰するに相応しい人物である。<br><br><br><br><br><br><br> <strong>第18回コムソフィア賞受賞者 新井 満(あらい まん)氏プロフィール</strong><br><br> 作家、作詩作曲家、写真家、環境映像プロデューサー、長野冬季オリンピック開閉会式イメージ監督など、多方面で活躍中。1946年新潟市生まれ、上智大学法学部を卒業後、電通に入社。在職中はチーフプロデューサーをつとめた。小説家としては1988年『尋ね人の時間』で芥川賞を受賞。2003年11月に発表した写真詩集『千の風になって』(講談社)と、それに曲を付け自ら歌唱したCD『千の風になって』(ポニーキャニオン)は現在もロングセラーを続けている。同曲は2007年レコード大賞作曲賞を受賞。日本ペンクラブ常務理事として、平和と環境問題を担当。著書多数。近著に『青春とは』(講談社)、『自由訳 般若心経』『自由訳 イマジン』『自由訳 老子』(以上朝日新聞社)、『自由訳 十牛図』(四季社)、絵本詩集『この街で』(PHP研究所)、『ふるさとの山に向かひて』(NHK出版)、『CDブック プーさんの鼻のララバイ』(共同通信社)などがある。<br> 公式ホーム・ページ「マンダ―ランド通信」(<a href="http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/" target="_blank" >http://www.twin.ne.jp/~m_nacht/</a>)
19

《急告》「取材中に亡くなったジャーナリストの遺品・写真展」中止について

マスコミ・ソフィア会創立20周年記念事業の一環である「取材中に亡くなったジャーナリストの遺品・写真展」(於:日本新聞博物館2008年6月7日~22日予定)は、これまで鋭意準備を重ねてきましたが、急遽中止と致しましたことをお知らせします。 20周年記念事業企画実行委員会は、事業を中心的に推進して来られた萱場(かやば)道之輔実行委員長が病に倒れたため、資金調達やマンパワー等を期日までに達成できる目途がたたないと... マスコミ・ソフィア会創立20周年記念事業の一環である「取材中に亡くなったジャーナリストの遺品・写真展」(於:日本新聞博物館2008年6月7日~22日予定)は、これまで鋭意準備を重ねてきましたが、急遽中止と致しましたことをお知らせします。<br><br> 20周年記念事業企画実行委員会は、事業を中心的に推進して来られた萱場(かやば)道之輔実行委員長が病に倒れたため、資金調達やマンパワー等を期日までに達成できる目途がたたないと判断し開催を中止することを決定いたしました。<br> 今回の事業につきましては、会員の皆さまをはじめ(社)日本新聞協会、(社)日本新聞教育文化財団、日本新聞博物館、各新聞社、各放送局、ご遺族の方々のご理解とご協力をいただき、すでに貴重な遺品や写真類の一部をお送りいただきお預かりしております。誠に残念な結果となり多くの方に大変ご迷惑かける仕儀となり、会員並びに関係各位に心からお詫び申し上げるとともに「取材中に亡くなったジャーナリストの遺品・写真展」中止のご報告をいたします。 (上智大学マスコミ・ソフィア会会長 濱口浩三)<br><br> <strong>萱場(かやば)道之輔氏急逝<br> ※マスコミ・ソフィア会創立20周年記念事業実行委員長(1960文新)</strong><br><br> <img id="image65" alt=kayaba.jpg src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2008/05/kayaba.thumbnail.jpg" align="left" Hspace="10" Vspace="5"> 萱場道之輔氏は、本年2月、胃ガンのため東京国分寺市の西東京警察病院に入院加療中でしたが、病状にわかに進み4月16日に逝去されました。 萱場氏は、一昨年来、マスコミ・ソフィア会創立20周年記念事業実行委員長として、記念事業推進に精魂を傾けてこられました。そして昨年は、<a href="hhttp://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-date-200705.html" target="_blank">特別講演会「世界が注目する日本のアニメーション」(07年5月12日開催)</a>、そして作家で元日本ペンクラブ会長の井上ひさし氏(1960外仏)の講演会<a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-date-200710.html" target="_blank">「今、マスコミに求められている真実とは?」(07年10月27日開催)</a>と、2回の講演会を成功させた大きな原動力として活動されました。更に、今年6月に、横浜の新聞博物館において「取材中に亡くなった報道人の遺品、写真展」実現のため精力的に活動を続けておられました。「遺品、写真展」は残念ながら中止せざるを得ませんでしたが、これまでの記念事業の成功は、ひとえに萱場氏の努力の賜物です。心から哀悼の意を表すともに、ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。<br> (マスコミ・ソフィア会常任幹事一同)
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。