最新記事

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1382' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
10

「取材中亡くなったジャーナリストの展覧会」2008年6月7日(土)~22日(日)決定!

「取材中に亡くなったジャーナリストの写真、遺品展」(諸事情により中止となりました。詳しくは 【写真展中止のお知らせ】をご覧ください) マスコミ・ソフィア会創立20周年記念事業の第3弾、「取材中に亡くなったジャーナリストの写真、遺品展」の詳細が決まりました。 日時:2008年6月7日(土)~22日(日) 場所:横浜「日本新聞博物館」 所在地: 〒231-8311 神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター 電... <em><strong>「取材中に亡くなったジャーナリストの写真、遺品展」(諸事情により中止となりました。詳しくは<a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-19.html"> 【写真展中止のお知らせ】</a>をご覧ください)</strong></em><br><br> <img alt=新聞博物館のビル(全景) src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2007/12/ecieuiyoyeeaee.jpg" align="left" Hspace="10" Vspace="5"> マスコミ・ソフィア会創立20周年記念事業の第3弾、「取材中に亡くなったジャーナリストの写真、遺品展」の詳細が決まりました。</br> <br>日時:2008年6月7日(土)~22日(日)<br> 場所:横浜「日本新聞博物館」<br> 所在地: 〒231-8311 神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター<br> 電話:045-661-2040<br> ※<a href="http://www.pressnet.or.jp/newspark/access/index.html" target="_blank">場所の地図はこちら</a><br> <br><br> マスコミ・ソフィア会では、今回の「写真・遺品展」を開催するのに最もふさわしい場所と考えて日本新聞博物館と協議し、晴れて上記の日程で実施できることとなった。<br><br> <img class="graphb" alt=新聞博物館 src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2007/12/aeueuecieua.jpg" align="left" Hspace="10" Vspace="5"> <em><strong>日本新聞博物館(NEWSPARK)</strong></em><br> <a href="http://www.pressnet.or.jp/newspark/index.html" target="_blank">日本新聞博物館</a>は、永続的な新聞文化の継承と発展、教育への貢献を目的として、日刊新聞発祥の地横浜市に、2000年10月にオープン。日本新聞協会が基本財産を拠出している「日本新聞教育文化財団」が運営しています。<br> 新聞博物館のホームページは<a href="http://www.pressnet.or.jp/newspark/index.html" target="_blank">http://www.pressnet.or.jp/newspark/index.html</a><br><br><br><br><br> <img class="graph" alt=NEWSEUM src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2007/12/newsium.jpg" align="left" Hspace="10" Vspace="5"> <em><strong>アメリカの「NEWSEUM」が協賛!</strong></em><br> アメリカのワシントンにある<a href="http://www.newseum.org/" target="_blank">「NEWSEUM」</a>は、毎日の世界の新聞を閲覧できる他、ニュースを取材し報道するまでのさまざまな展示を行っています。<a href="http://www.newseum.org/" target="_blank">http://www.newseum.org/</a><br> NEWSEUMには、世界中で取材中に亡くなったジャーナリスト1665人の「Journalists Memorial」があり、今年、9月27日、ミャンマーのヤンゴンで取材中に撃たれて亡くなった映像ジャーナリストの長井健司さんほか10数人の日本人ジャーナリストも含まれています。 マスコミ・ソフィア会の今回の「写真・遺品展」はNEWSEUMも協賛し、会場では「Journalists Memorial」も紹介することにしています。</p>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。