最新記事
344

大人の見学ツアー第3弾はNHKの「4K・8K試験放送の見学」!!

マスコミ・ソフィア会主催第3回「大人の社会見学ツアー」<NHKスーパーハイビジョン4K・8K試験放送>昨年からマスコミ・ソフィア会が開催している「大人の社会見学ツアー」、第3回はNHKの協力を得ての特別見学会・スーパーハイビジョン4K・8K試験放送の見学です。<スーパーハイビジョンとは?>スポーツ中継、大自然の絶景、世界文化遺産の究極の映像など、今までのテレビ映像の概念が変わると言われる4K・8Kの試験... <strong>マスコミ・ソフィア会主催<br />第3回「大人の社会見学ツアー」<br /><NHKスーパーハイビジョン4K・8K試験放送></strong><br /><br /><a href="//blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170629075958fca.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170629075958fca.jpg" alt="NHK放送センター" border="0" width="550" height="370" /></a><br /><br />昨年からマスコミ・ソフィア会が開催している「大人の社会見学ツアー」、第3回はNHKの協力を得ての特別見学会・スーパーハイビジョン4K・8K試験放送の見学です。<br /><br /><スーパーハイビジョンとは?><br />スポーツ中継、大自然の絶景、世界文化遺産の究極の映像など、今までのテレビ映像の概念が変わると言われる4K・8Kの試験放送・・・<br /><br />テレビジョン映像の近未来を局内の試写室でスタッフの解説を交えて、300インチのスクリーンプロジェクター、22.2マルチチャンネル音響で8Kのコンテンツを鑑賞します。<br /><br />(スーパーハイビジョンの基礎知識は <a href="http://www.nhk.or.jp/shv/" target="_blank" title="www.nhk.or.jp/shv/">www.nhk.or.jp/shv/</a> をご覧ください)<br /><br />試写会の後は大相撲名古屋場所14日目のスーパーハイビジョン生放送をふれあいホールにて「大関・横綱の取組み」を結びの一番まで観戦します。<br /><br />終了後、担当者にも参加していただいて懇親会を行います。<br /><br />参加要領は下記の通りです。今回は定員30名です。<br /><br />      記<br /><br /><strong>■第三回大人の見学ツアー</strong><br />主催:マスコミ・ソフィア会<br />日時:2017年7月22日(土)15:45〜<br />見学場所:NHK局内試写室<br />会費:会員500円 非会員1,000円 学生 500円 ※懇親会参加費 3,000円<br /><br />定員:30名(スペースの関係で、申込み多数の場合は抽選させていただきます)<br />集合場所:NHK放送センター西口玄関内の待ち合わせスペース<br />地図:<a href="https://www.nhk.or.jp/info/about/intro/map.html" target="_blank" title="https://www.nhk.or.jp/info/about/intro/map.html">https://www.nhk.or.jp/info/about/intro/map.html</a><br />※ご注意:15時半から待ち合わせスペースにて受付、お名前の確認をします。<br /> 場所がNHK局内のため受付時間に遅れると入場できません。<br /> 遅れた場合は090-1037-5957磯浦までご連絡を下さい<br /><br />申込:メール:info@cumsophia.jp/ <br />    FAX:03-3238-3028<br />「NHK4K・8K試験放送見学希望」と書いて、氏名、卒年度、学部学科、住所、メールアドレス、電話番号(当日連絡のつく番号)、懇親会参加、不参加をお願いします。申込後、一両日中に確認のメールを致しますので、なるべくメールで お申し込みください。<br /><br />アクセス:東京メトロ千代田線・代々木公園駅<br />     京王バス・渋谷駅西口中野駅行き・放送センター西口<br /><br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170629080121961.png" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-110.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170629080121961.png" alt="NHKマップ" border="0" width="610" height="440" /></a><br /><br /><br /><br /><br />以上
339

2017年度(第26回)「コムソフィア賞」候補者募集!

あなたの推薦で授賞式を盛り上げよう!2017年度「コムソフィア賞」候補者募集中マスコミ・ソフィア会は「コムソフィア賞」を設け、母校の発展とともに各界で活躍する優れたソフィアンを顕彰してきました。昨年は、第25回コムソフィア賞受賞者による記念講演会「ソフィアンが語る今日の戦争と平和」を、「オールソフィアンの集い」(2016年5月29日)の会場で盛大に行いました。「コムソフィア賞」選考基準は、上智大学の関係者(在学生... あなたの推薦で授賞式を盛り上げよう!<br />2017年度「コムソフィア賞」候補者募集中<br /><br />マスコミ・ソフィア会は「コムソフィア賞」を設け、母校の発展とともに各界で活躍する優れたソフィアンを顕彰してきました。<br />昨年は、第25回コムソフィア賞受賞者による記念講演会「ソフィアンが語る今日の戦争と平和」を、「オールソフィアンの集い」(2016年5月29日)の会場で盛大に行いました。<br /><br />「コムソフィア賞」選考基準は、上智大学の関係者(在学生、卒業生等)で<br />(1)国際社会、地域社会に貢献した優れた人物、<br />(2)際報道、日本紹介に優れた業績を挙げた人物、<br />(3)マスコミ学に新しい優れた論文を発表した人物<br />となっています。<br /><br />同級生など身近な方から先輩後輩まで、これはという優れたソフィアンをご推薦ください。自薦他薦問いません。<br /><br />推薦の方法は、候補者の氏名とプロフィール、推薦する理由を記入の上、推薦される方の氏名、卒業年度及び学部学科、現職名、e-mail address(連絡先)等を添えて下記までお送り下さい。<br /><br />e-mail:info@cumsophia.jp<br />郵送:上智大学マスコミ・ソフィア会<br />   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1上智大学ソフィア会内<br />   (TEL:03-3238-3041 FAX:03-3238-3028)<br /><br />締め切り:2017年3月31日(コムソフィア賞選考委員会)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170224093743143.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20170224093743143.jpg" alt="第25回コムソフィア授賞式" border="0" width="430" height="287" /></a><br /><br />昨年度(2016年)は、<br />◆コムソフィア賞:植木(川勝) 千可子さん(うえき ちかこ)さん<br /> (1981年外国語学部卒、1983年国際関係学研究科修士課程修了、 早稲田大学国際学術院教授)<br />◆コムソフィア賞:孔 健(こう けん)さん<br /> (1996年大学院新聞学科博士課程卒業、週刊チャイニーズドラゴン主幹)<br />◆コムソフィア賞:石川えりさん<br /> (1999年上智大学法学部国際法学科卒 NPO法人難民支援協会代表理事)<br />の3人の方々が受賞されています。<br /><br />なお、これまでの受賞者一覧は下記よりご確認いただけます。<br /><コムソフィア賞受賞者一覧><br /><a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-172.html" target="_blank" title="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-172.html">http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-172.html</a>
334

大人の見学ツアー第2弾は秋葉原の「YKK株式会社」!!

「マスコミ・ソフィア会」が、今トレンドの企業を訪問し見学しようという「大人の見学ツアー」。第一回目の「Google日本本社見学」が大好評に終了したことを受けて、第2弾は、世界のファスナーのトップブランド、YKK株式会社訪問を企画いたしました。ちなみに現在のYKK㈱代表取締役社長は、経済人クラブでもおなじみの猿丸雅之さん('75外英)です。猿丸さんのご厚意もあってこの企画となりました。YKKの「ものづくり館」の... 「マスコミ・ソフィア会」が、今トレンドの企業を訪問し見学しようという「大人の見学ツアー」。第一回目の「Google日本本社見学」が大好評に終了したことを受けて、第2弾は、世界のファスナーのトップブランド、YKK株式会社訪問を企画いたしました。ちなみに現在のYKK㈱代表取締役社長は、経済人クラブでもおなじみの猿丸雅之さん('75外英)です。猿丸さんのご厚意もあってこの企画となりました。<br /><br />YKKの「ものづくり館」の見学と、YKKのものづくり哲学やファスナーの歴史、意外な用途などについてスタッフからお話を聞き、また、ファスナーを使った素敵な小物作りに挑戦もできます(写真)。今回は土曜日の午前中の開催になります。<br /><br />見学終了は丁度昼になりますので昼食をとりながら「懇親会」を行います。<br />(会場:秋葉原ワシントンホテル2階、秋葉原の人気店「麹蔵」03-5297-7878)<br />予定は午前9:50集合〜見学 12:00終了。貴重な機会です。どうぞご参加下さい。<br /><br />■第二回大人の見学ツアー<br />主催:マスコミ・ソフィア会<br />日時:2017年01月14日(土)9:50〜12:00<br />見学場所:秋葉原「YKK本社〜ものづくり館」<br />会費:会員500円 非会員1,000円 学生 500円 ※懇親会参加費 2,000円<br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br />定員:30名(先着順で定員になり次第締め切ります)<br />集合場所:秋葉原駅昭和通り YKK本社裏「ものづくり館」前<br />(9時50分までにものづくり館前に集合してください) <br />ものづくり館:TEL:03-3864-2110<br />(遅れた場合は090-1037-5957磯浦までご連絡を)<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20161218120556ccb.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20161218120556ccb.jpg" alt="YKKミシンで縫う" border="0" width="430" height="323" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20161218120555982.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20161218120555982.jpg" alt="YKKファスナーで作る" border="0" width="430" height="215" /></a><br />ミシンを使ってジョキジョキと縫えば左写真下の1本のファスナーが、あっという間に素敵な小物入れに変身。(ものづくり館1階で)<br /><br /><a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2016121812055867d.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2016121812055867d.jpg" alt="YKKものづくり館map500" border="0" width="430" height="489" /></a><br /><br />「ものづくり館」付近の地図<br /><br /><br />参加ご希望の方は氏名、卒年学科、 連絡先(携帯電話番号)懇親会に参加か不参加を記して、下記アドレスのマスコミ・ソフィア会にメール、またはソフィア会内マスコミ・ソフィア会あてFAXでお申し込み下さい。<br /><br />申し込み締切り:2017年1月7日」(土)(先着順)<br />定員になり次第締切ります。<br /><br />メール:info@cumsophia.jp(マスコミ・ソフィア会)<br />Fax: 03-3238-3028(上智大学ソフィア会事務局)
332

マスコミ・ソフィア会の磯浦康二会長(1957文新)ソフィア会から顕彰!! 

今年10月15日に母校10号館講堂で行われた上智大学ソフィア会秋季全国代議員会の席上で、ソフィア会の活動に貢献した15人が顕彰を受け、磯浦会長はその1人としてソフィア会の上原治也会長から顕彰状を受けました。マスコミ・ソフィア会の活動を28年間活発に継続してきたこと、ソフィア会会報「ソフィアンズナウ」の編集に関わったことなどが認められました。磯浦会長は「マスコミ・ソフィア会の活動は会員、役員幹事を始めソフィア... 今年10月15日に母校10号館講堂で行われた上智大学ソフィア会秋季全国代議員会の席上で、ソフィア会の活動に貢献した15人が顕彰を受け、磯浦会長はその1人としてソフィア会の上原治也会長から顕彰状を受けました。マスコミ・ソフィア会の活動を28年間活発に継続してきたこと、ソフィア会会報「ソフィアンズナウ」の編集に関わったことなどが認められました。磯浦会長は「マスコミ・ソフィア会の活動は会員、役員幹事を始めソフィア会、上智大学の皆さまのご協力があって続けることが出来ました。この顕彰は会の皆さまを代表して頂いたものです。今後とも会員の親睦、研鑽、母校の発展のために努力したいと思います」と受賞の喜びを語った。<br /><br /> (写真はソフィア会上原会長から顕彰杖を受ける磯浦マスコミ・ソフィア会会長)<br /><a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201612050921249ba.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201612050921249ba.jpg" alt="磯浦顕彰受賞" border="0" width="108" height="88" /></a><br />
330

大人の見学ツアー第1弾「Google 日本本社」を開催!

マスコミソフィア会は、この秋より新たな新企画を立ち上げます。その名も「大人の見学ツアー」。これは今トレンドの企業をみなさんと一緒に訪問し、見学しようというものです。第一回目は「Google 日本本社 見学」。Google Inc.は、検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供する世界的なアメリカ合衆国の多国籍企業です。Googleを知らなければ世... マスコミソフィア会は、この秋より新たな新企画を立ち上げます。その名も「大人の見学ツアー」。これは今トレンドの企業をみなさんと一緒に訪問し、見学しようというものです。<br /><br />第一回目は「Google 日本本社 見学」。Google Inc.は、検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供する世界的なアメリカ合衆国の多国籍企業です。<br /><br />Googleを知らなければ世界の今後を理解することは困難です。今回、金谷武明さんのご厚意でGoogle日本本社の社内を見学させて頂くことになりました。見学のあと会議室で金谷さんに、Googleの役割や最近の活動などについてレクチャーして頂きます。貴重な機会です。どうぞご参加下さい。<br /><br />■第一回大人の見学ツアー<br />主催:マスコミ・ソフィア会<br />日時:2016年09月29日(木)18:30〜20:00<br />見学場所:六本木ヒルズ「Google 日本本社」<br />講師:金谷武明さん(1995法法)(googleシニアサーチ・エバンジェリスト)<br />内容:Google日本本社の社内見学+講師による会社解説<br />会費:会員500円 非会員1,000円 学生 500円<br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br />定員:20名(会議室の関係で、申込み多数の場合は抽選させていただきます)<br />集合場所:六本木ヒルズ森タワー 2階スターバックス前集合<br />(注)2階オフィスロビー階のスターバックスです。同じビル内の1階(車寄せ階)にもありますのでお間違えなく!午後6時集合(オフィスに入るためセキュリティチェックがあり、まとまって入館しますので時間厳守でお願いします。遅れた場合は090-1037-5957磯浦までご連絡を)<br /><br /><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20160915234000ffc.jpg" alt="大人の見学ツアー第一弾" border="0" width="209" height="225" /><br /><br /><br />※講演後に懇親会(2時間程度)を森タワー下のレストランで、金谷さんにも参加いただいて予定しております。懇親会費5000円(予定)<br /><br />参加ご希望の方は下記アドレスのマスコミ・ソフィア会にメール、またはソフィア会内マスコミ・ソフィア会あてFAXでお申し込み下さい。<br /><br />メール:info@cumsophia.jp(マスコミ・ソフィア会)<br />Fax: 03-3238-3028(上智大学ソフィア会事務局)
324

2016年度(第25回)コムソフィア賞発表、講演会はASF2016で。(4/20情報更新)

第25回コムソフィア賞は植木千可子さん('83院外)、孔健さん('96院新聞)、石川えりさん('99法国際関係法学)に決定!基調講演会はオールソフィアンの集い2016で実施!■2016年度コムソフィア賞が決定マスコミ・ソフィア会は、さる2月22日「第25回コムソフィア賞最終選考委員会」を開催。会では、向山肇夫選考委員長、村田亨('64外露)副会長をはじめ、マスコミ・ソフィア会の常任幹事8名と、戸川宏一('63経商)ソフィア会副会長... <span style="font-size:large;"><strong>第25回コムソフィア賞は植木千可子さん('83院外)、孔健さん('96院新聞)、石川えりさん('99法国際関係法学)に決定!<br><br>基調講演会はオールソフィアンの集い2016で実施!</strong></span><br /><br /><span style="font-size:large;">■2016年度コムソフィア賞が決定</span><br /><br />マスコミ・ソフィア会は、さる2月22日「第25回コムソフィア賞最終選考委員会」を開催。会では、向山肇夫選考委員長、村田亨('64外露)副会長をはじめ、マスコミ・ソフィア会の常任幹事8名と、戸川宏一('63経商)ソフィア会副会長、黒水則顯('78文新)三水会会長の事前投票も含め、厳正に選考会が行われました。候補者の募集・推薦は昨年12月~今年1月末まで、ソフィア会会員ならびにマスコミ・ソフィア会員から受付け、これらの候補から質疑応答の後、最終選考を行い次の3名の方々に賞を贈ることを、選考委員の満場一致で決定いたしました。<br /><br /><strong>◆コムソフィア賞:植木(川勝) 千可子さん(うえき ちかこ)さん<br /> (1981年外国語学部フランス語学科卒、1983年大学院外国語学研究科(国際関係論専攻)修士課程修了、早稲田大学大学院教授)<br /><br />◆コムソフィア賞:孔 健(こう けん)さん<br /> (1996年大学院文学研究科新聞学博士課程終了、週刊チャイニーズドラゴン主幹)<br /><br />◆コムソフィア賞:石川えりさん<br /> (1999年上智大学法学部国際関係法学科卒、認定NPO法人難民支援協会代表理事)<br /></strong><br /><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/c/u/m/cumsophia/symposium.jpg" alt="symposium.jpg" border="0" width="430" height="323" /><br />左から植木千可子さん、孔健さん、石川えりさん<br /><br /><span style="font-size:large;">■受賞理由について</span><br /><br />◎植木 千可子さん(コムソフィア賞)<br /><br />安倍政権は集団自衛権の行使を容認し、世界で自衛隊の軍事力行使の基準を緩和。われわれ国民はどう対処すべきか、集団的自衛権の容認は何をもたらすのか? 国民は参議院選挙を控え判断を求められている中、現下の火急の問題に長年にわたる世界の安全保障研究成果が、著書「平和のための戦争論:集団的自衛権は何をもたらすのか?(ちくま文庫)」として結実。世界的視野に立った抑止論は今後の日本の針路を考える上で貴重であると評価されました。<br /><br />◎孔 健さん(コムソフィア賞)<br /><br />中国との対話は、今や日本のみならず世界の課題である。上智大学大学院新聞学科卒業後「週刊チャイニーズドラゴン」を創刊し、さらに多くの著作活動を通じて日中対話への貢献は大変大きい。日中対話への論陣は、時には日本・中国両国にとって鋭く重く、今後の日中関係にとって欠くことの出来ない貴重なジャーナリストととして評価されました。<br /><br />◎石川えりさん(コムソフィア賞)<br /><br />難民問題に学生時代から関心を寄せ、卒業後も難民支援協会に属し、日本における難民問題解決に努力を重ね、国会にも働きかけ日本初の難民認定関連法案改正に貢献。現在難民問題は全世界に拡大し、特にEUは押し寄せるシリア難民で大きく揺れる中、国境を越えて活動する石川さんの難民への温かい視点に今後の活動への期待が大きく評価されました。<br /><br />今回は25回という節目であることから、授賞式ならびに受賞者の記念講演会、懇親会を5月に行われる「オールソフィアンの集い2016」会場にて行うことになりました。つきましては、みなさまお誘い合わせの上ご参加いただきますようよろしくおねがしいます。<br /><br /><span style="font-size:large;">■授賞式日程</span><br /><br />◎授賞式<br />日時:2016年5月29日(日)11:30開場/12:00開会<br />場所:上智大学四ツ谷キャンパス内:2号館 401号教室<br />参加費:無料(マスコミ・ソフィア会会員のみ)<br /><br />◎基調講演会(主催:マスコミソフィア会、協力:経済人クラブ、三水会)<br />日時:2016年5月29日(日)12:30開場/13:00開会<br />場所:上智大学四ツ谷キャンパス内:2号館 401号教室<br />参加費:無料(一般公開)<br /><br />◎懇親会(主催:マスコミソフィア会、協力:経済人クラブ、三水会)<br />日時:2016年5月29日(日)15:15開会<br />場所:上智大学四ツ谷キャンパス内:2号館 402号教室(401号教室のとなり)<br />参加費:卒業生・一般2,000円、学生500円<br /><br /><strong>懇親会の参加ご希望の方は下記メールアドレスに「参加希望」と書いてメールで申込みください。(基調講演会は懇親会参加メールをいただいている方優先入場となります)<br />info@cumsophia.jp(マスコミ・ソフィア会事務局)</strong><br /><br /><span style="font-size:large;">■基調講演会等タイムスケジュール(予定)</span><br /><br />11:30 マスコミ・ソフィア会総会受付開始(2-401号室)<br />12:00 総会とコムソフィア賞授賞式(マスコミ・ソフィア会会員のみ)<br /><br />12:30 講演とシンポジウム開場(一般者観覧)<br />13:00 「ソフィアンが語る今日の戦争と平和」講演会<br />13:00 植木 千可子(うえき ちかこ)さん講演<br />    講演テーマ「平和のための戦争論」<br />13:20 孔 健(こう けん)さん講演<br />    講演テーマ「中国の今後の世界での役割」<br />13:40 石川えりさん講演<br />    講演テーマ「難民から見る世界と日本」<br /><br />14:00 休憩<br /><br />14:10 シンポジウム「今後の日本の針路について」<br />    モデレータ:加藤春一、パネリスト:植木 千可子、孔 健、石川 えり<br />15:10 シンポジウム終了<br /><br />15:15 懇親会(隣の2-402号教室にて)<br />15:50 校歌を歌う<br />16:00 閉会<br /><br /><span style="font-size:large;">■コムソフィア賞について</span><br /><br />「コムソフィア賞」は、上智大学の卒業生でマスコミ関係者約千人で組織する同窓会「マスコミ・ソフィア会」が、上智大学卒業者・関係者を顕彰するために設けたものです。今年で25回目になります。今回も、候補者の選考基準は、地域や国際社会への貢献度、内外ジャーナリズムへの貢献、母校への愛情、ソフィアンとしての誇り等の項目について細かく評価、特に「なぜ、今年なのか」という観点も重視しています。<br /><br />※過去の受賞者はこちらを御覧ください。<br /><a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-172.html" title="賞の歩み">http://cumsophia.blog106.fc2.com/賞の歩み/</a><br /><br /><table border="1" ><tr><td>■受賞者プロフィール<br /><br /><strong>植木(川勝)千可子さん(早稲田大学大学院教授・アジア太平洋研究科)</strong><br />1981年上智大学外国語学部フランス語学科卒。1983年上智大学外国語学研究科(国際関係論専攻)修士課程修了。2006年マサチューセッツ工科大学大学院政治学研究科博士課程修了、博士号(Ph.D.政治学)を取得。朝日新聞記者(政治部等)、北京大学客員研究員、防衛省防衛研究所主任研究官などを経て2008年から早稲田大学アジア太平洋研究科教授。専門は国際関係論、安全保障論。主な著書に、『平和のための戦争論』(ちくま新書)、『北東アジアの「永い」平和』(勁草書房)など。<br /><br /><strong>孔健さん 週刊チャイニーズドラゴン主幹</strong><br />1996年大学院文学研究科新聞学博士課程終了後、「週刊チャイニーズドラゴン」を創刊。孔子研究家、世界孔子協会理事長。日中関係評論家として多くの著作活動を通じて日中対話への貢献している。中国との対話は日本のみならず世界の課題であるが、孔氏の発言は日中両国にとって時に鋭く重い。今後の日中対話にとってきわめて貴重なジャーナリスト。<br /><br /><strong>石川えりさん 認定NPO法人難民支援協会代表理事</strong><br />1999年上智大学法学部国際関係法学科卒。学生時代、国連高等欧弁務官の緒方貞子氏の活動を尊敬し「1994年のルワンダ内戦」を機に難民問題に関心を深め、卒業後は難民支援協会に属し、日本における難民問題解決に努力を重ねてきた。国会に働きかけ日本初の難民認定関連法案改正に貢献。現在難民問題は全世界的に拡大、特にEUは押し寄せるシリア難民で大きく揺れる中、今後の日本の難民問題活動のリーダーシップ的存在。</td></tr></table>
321

2016年度(第25回)「コムソフィア賞」候補者募集!

あなたの推薦で授賞式を盛り上げよう!2016年度「コムソフィア賞」候補者募集中マスコミ・ソフィア会は「コムソフィア賞」を設け、母校の発展とともに各界で活躍する優れたソフィアンを顕彰してきました。昨年は「上智大学戦没者追悼ミサ」への協力および会場での写真展の実施を優先し、例年の「コムソフィア賞受賞式」を中止したため、今回が第25回目の記念すべき授賞式となり、これを多くの方が集まる「オールソフィアンの集い」(... あなたの推薦で授賞式を盛り上げよう!<br />2016年度「コムソフィア賞」候補者募集中<br /><br />マスコミ・ソフィア会は「コムソフィア賞」を設け、母校の発展とともに各界で活躍する優れたソフィアンを顕彰してきました。昨年は「上智大学戦没者追悼ミサ」への協力および会場での写真展の実施を優先し、例年の「コムソフィア賞受賞式」を中止したため、今回が第25回目の記念すべき授賞式となり、これを多くの方が集まる「オールソフィアンの集い」(2016年5月29日)の会場で行うよう計画しています。<br /><br />「コムソフィア賞」選考基準は、上智大学の関係者(在学生、卒業生等)で<br />(1)国際社会、地域社会に貢献した優れた人物、<br />(2)際報道、日本紹介に優れた業績を挙げた人物、<br />(3)マスコミ学に新しい優れた論文を発表した人物<br />となっています。<br /><br />同級生など身近な方から先輩後輩まで、これはという優れたソフィアンをご推薦ください。自薦他薦問いません。<br /><br />一昨年度(2014年)は、<br />◆コムソフィア賞:師岡 文男(もろおか ふみお)さん<br />  (1976文史卒 上智大学文学部教授・保健体育研究室室長)<br />◆コムソフィア賞濱口賞:安田 菜津紀(やすだ なつき)さん<br />  (2010総合人間学部教育学科卒 フォトジャーナリスト)<br />の2人の方々が受賞されています。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-76.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20150301122953d66.jpg" alt="第24回コムソフィア授賞式安田1" border="0" width="430" height="323" /><br />(右)コムソフィア賞:師岡文男(もろおか ふみお)さん<br />(左)コムソフィア賞濱口賞:安田菜津紀(やすだ なつき)さん<br /><br />推薦の方法は、候補者の氏名とプロフィール、推薦する理由を記入の上、推薦される方の氏名、卒業年度及び学部学科、現職名、e-mail address(連絡先)等を添えて下記までお送り下さい。<br /><br />e-mail:info@cumsophia.jp<br />郵送:上智大学マスコミ・ソフィア会<br />   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1上智大学ソフィア会内<br />   (TEL:03-3238-3041 FAX:03-3238-3028)<br /><br />締め切り:2016年1月31日(コムソフィア賞選考委員会)<br /><br />なお、これまでの受賞者一覧は下記よりご確認いただけます。<br /><a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-172.html" title="<コムソフィア賞受賞者一覧>"><コムソフィア賞受賞者一覧></a>
316

(お知らせ)マスコミ・ソフィア会・三水会年末懇親会

マスコミ・ソフィア会の2015年度忘年会は、三水会との懇親会といたします。■日時:2015年12月16日(水)18:30ー■場所:赤坂「孔子膳堂」(http://koshizendo.com/)    東京都港区赤坂3-11-14赤坂ベルゴ1F(TEL03-5544-8438)■内容 ・会費:5,000円(飲み放題付き) ・恒例の忘年会/懇親会 ・今回は三水会メンバーでもある孔健さん(孔子の第75代直系子孫)の  お店です。孔健さんのご厚意で諸々の無理を聞いていただいてお... マスコミ・ソフィア会の2015年度忘年会は、三水会との懇親会といたします。<br /><br />■日時:2015年12月16日(水)18:30ー<br /><br />■場所:赤坂「孔子膳堂」(http://koshizendo.com/)<br />    東京都港区赤坂3-11-14赤坂ベルゴ1F(TEL03-5544-8438)<br />■内容<br /> ・会費:5,000円(飲み放題付き)<br /> ・恒例の忘年会/懇親会<br /> ・今回は三水会メンバーでもある孔健さん(孔子の第75代直系子孫)の<br />  お店です。孔健さんのご厚意で諸々の無理を聞いていただいております。<br /><br />※ご出席の募集はすでに締め切らせていただきました。
307

紀尾井の森カルチャー倶楽部講演会を開催「タイ国のウラオモテ」布施隆史さん('64外露)

今年1月の開催以来少々間があいてしまいましたが、マスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」を再開いたします。第十三回目の今回は、長年商社マンとして欧米で活躍の後、日商岩井タイランド社社長を務め、退職後は、バンコクで投資経営アドバイザーとしてタイと日本を往来する忙しい日々を送る、布施隆史さん(1964外露)。近年日本人のセカンドライフの地としても注目のタイについて大いに語っていただき... 今年1月の開催以来少々間があいてしまいましたが、マスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」を再開いたします。<br /><br />第十三回目の今回は、長年商社マンとして欧米で活躍の後、日商岩井タイランド社社長を務め、退職後は、バンコクで投資経営アドバイザーとしてタイと日本を往来する忙しい日々を送る、布施隆史さん(1964外露)。近年日本人のセカンドライフの地としても注目のタイについて大いに語っていただきます。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-81.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20150917085215e6f.jpg" alt="布施さん430x573" border="0" width="300" height="400" /><br /><br />参加ご希望の方は、下記アドレスにメールにてお申し込み下さい。<br />info@cumsophia.jp<br /><br /><strong>■第十三回紀尾井の森カルチャー倶楽部講演会<br />主催:マスコミ・ソフィア会<br />日時:2015年11月5日(木)18:30〜20:00<br />テーマ:「タイ国のウラオモテ」〜日本との関係〜(仮題)<br />講師:布施隆史さん(1964外露)(元日商岩井勤務)<br />会費:会員1,000円 非会員2,000円 学生 500円<br />場所:ソフィアンズクラブ会議室(四ツ谷上智大学構内12号館1F)</strong><br />※講演後に懇親会(1時間程度)を予定しております。<br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br />■解説<br />タイ国と日本は約600年前(室町時代)から親密な関係で、その後も深い関係が続いていますが、最近ではセカンドライフの地として関心が高いものがあります。<br /><br />一方で今年8月、タイ国の首都バンコク中心部で爆発事件が発生し外国人を含む20名が死亡、日本人1名を含む多数の負傷者が発生し、翌日昼にもバンコク中心部の川の橋付近の水中で爆発が発生し、日本でも大きく報道されました。タイ国の現状はどうなっているのか気になります。<br /><br />長年、商社マンとして欧米で活躍、2000年にバンコクの日商岩井関連会社を退職後は、<br />バンコクで投資経営アドバイザーを務めてタイと日本を往来しています。<br />今回は、その豊かな経験から、タイと日本を語っていただきます。<br /><br />■講演内容(予定)<br />・政治情勢(軍政、憲法改正、総選挙、民主政権確立、爆弾事件)<br />・日本のタイへの投資(なぜ日本企業はタイに投資するか、今後の見通しなど)<br />・タイ人の気質<br />・ロングステイ<br />・汚職は文化など<br /><br />■布施隆史さん略歴<br /><br />1940年9月10日生まれ(75歳)<br /><br />1964 日商株式会社に入社。社長室配属。<br />1967-1972 ウィーン駐在。この間の1968年に日商と岩井産業が合併、日商岩井となる。<br />1972-1978 東京勤務(石炭輸入)<br />1978-1983 ニューヨーク駐在。<br />1983-1988 東京勤務(石炭輸入)<br />1988-1994 東京勤務(鉄鉱石輸入)<br />1994-1998 バンコク駐在(日商岩井タイランド社社長)<br />2000 日商岩井退職<br />2000-2003 ジェトロ・バンコクの投資アドバイザー<br />2004-現在 TICON社経営アドバイザー<br />2011-現在 バンコクバンク投資アドバイザー<br /><br />(注)<br />TICONはタイ企業。日本資本は入っていない。賃貸工場・倉庫を建設して貸す事業。<br />この分野ではタイの最大手。日本が最大の顧客。<br />バンコクバンクはタイ最大の民間銀行。日本の地銀26行と提携関係を結んでいる。
305

ソフィア会講演会「海外特派員から介護ジャーナリズムまで」のお知らせ

ソフィア会で開催する講演会のお知らせです。マスコミ・ソフィア会も共催しています。振るってご参加ください。講演者は、フジテレビの報道番組「ニュース JAPAN」で、滝川クリステルさんと一緒に番組に出演していた松本方哉さんです。なぜメデイアを目指し、何を感じてきたか。ジャーナリストとして、テレビ業界で国際社会、医療や介護と出会い、たどり着いた境地を明かします。 ©新潮社演目:「海外特派員から介護ジャーナ... ソフィア会で開催する講演会のお知らせです。マスコミ・ソフィア会も共催しています。振るってご参加ください。<br /><br />講演者は、フジテレビの報道番組「ニュース JAPAN」で、滝川クリステルさんと一緒に番組に出演していた松本方哉さんです。<br /><br />なぜメデイアを目指し、何を感じてきたか。ジャーナリストとして、テレビ業界で国際社会、医療や介護と出会い、たどり着いた境地を明かします。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-81.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20150910093416917.jpg" alt="松本方哉氏" border="0" width="200" height="261" /><br /> &copy;新潮社<br /><br />演目:「海外特派員から介護ジャーナリズムまで」<br />講演者:フジテレビ報道局 キャスター・解説委員 松本方哉氏(1980年文学部英文学科卒業)<br />共催:上智大学、上智大学ソフィア会、マスコミ・ソフィア会<br /><br />日時:2015年10月9日(金)<br />開場:17:30<br />講演:18:00~19:30<br />懇親会:19:30~20:30<br /><br />場所:上智大学 四谷キャンパス 2号館17階国際会議場<br />(なお、懇親会は2号館5階教職員食堂で開催します。懇親会参加の卒業生は、SOPHIA未来募金に1000円のご寄附をお願いします)<br />内容:講演会<br />聴講者:上智大学在校生、ソフィア会会員、教職員、上智大学短期大学部関係者、上智社会福祉専門学校関係者<br /><br />申し込み:在学生はLOYOLA その他はソフィア会WebサイトからWebエントリーをお願いします<br />問合せ:上智大学ソフィア会事務局 Tel 03-3238-3041<br />    上智学院総務局ソフィア連携室 Tel 03-3238-3198<br /><br />詳細はPDFをダウンロードください。<br /><a href="http://www.sophiakai.gr.jp/news/event/2015/doc/201510090101.pdf" target="_blank" title="http://www.sophiakai.gr.jp/news/event/2015/doc/201510090101.pdf">http://www.sophiakai.gr.jp/news/event/2015/doc/201510090101.pdf</a><br /><br />参加申し込みはソフィア会ホームページより<br /><a href="https://www.sophiakai.gr.jp/form/fid_172.html" target="_blank" title="https://www.sophiakai.gr.jp/form/fid_172.html">https://www.sophiakai.gr.jp/form/fid_172.html</a>
299

2015年度「総会」のお知らせ

 梅雨のはっきりしない天候が続きます。お変わりなくお過ごしのことと存じます。日頃、マスコミ・ソフィア会の活動につきましては、ご理解とご協力を有難うございます。 さて、2015年度のマスコミ・ソフィア会総会を下記のとおり開催いたします。みなさまお誘い合わせの上多くの皆様の参加をお願い申し上げます。第28回マスコミ・ソフィア会総会日時:7月28日(火)18時30分場所:ソフィアンズクラブ(上智大学キャンパス内12号館1...  梅雨のはっきりしない天候が続きます。お変わりなくお過ごしのことと存じます。日頃、マスコミ・ソフィア会の活動につきましては、ご理解とご協力を有難うございます。<br /><br /> さて、2015年度のマスコミ・ソフィア会総会を下記のとおり開催いたします。みなさまお誘い合わせの上多くの皆様の参加をお願い申し上げます。<br /><br /><strong>第28回マスコミ・ソフィア会総会<br />日時:7月28日(火)18時30分<br />場所:ソフィアンズクラブ(上智大学キャンパス内12号館1F)<br />内容:議事(活動報告、決算報告、監査報告、活動計画、予算案等)<br /></strong><br /><img src="http://cumsophia.jp/wp/img/9.%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%A7%E5%BE%85%E3%81%A4%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85.jpg" width="430px" height="323"><br />写真:2014年度総会<br /><br /> 「マスコミ・ソフィア会」は1987年(昭和62年)に創立され、今年で28年目となります。現在の活動状況はホームページ「Cumsophia Online」をご覧ください。現代は科学技術の進歩発展、特にIT技術の進歩は凄まじいと言っても良いくらいです。マスコミの世界もまた急速に変化しており、当会も変化に対応した活動を進めるべく努力を続けています。<br /><br /> 今年は「戦後70年」の節目の年ということで会報「コムソフィア」68号では「学徒動員体験者の証言」を特集しました。更に5月31日(日)の「オールソフィアンの集い」には「戦後70年、戦時下の上智 写真展と講演会」を開催し、学徒出陣の体験者の90歳を越える大先輩のお話を聞きました。<br /><br /> そして「コムソフィア」の記事がきっかけとなり「上智大学戦没者追悼ミサ」を行おうという機運が高まり、6月14日(日)には、聖イグナチオ教会マリア聖堂で荘厳な追悼ミサが行われ、学徒出陣の大先輩も参加されました。そして、心ならずもペンを剣に持ち替えて戦場に赴き再び帰ることのなかった先輩たちに思いを馳せ、多くの方たちが感銘の涙を流しました。<br /><br /> 例年は6月に「総会とコムソフィア賞授賞式」を行っておりますが、今年はこの「戦後70年」の行事を行ったためこの時期での開催を見送ることに致しました。<br /><br /> そこで、6月23日の常任幹事会で「総会」を「コムソフィア賞授賞式」と切り離して開催することを決定しました。急なお誘いで申し訳ございませんが、どうかご参集をお願い致します。<br /><br /> なお、次回コムソフィア賞授賞式は、来年5月末の日曜日に行われる「オールソフィアンの集い」での開催を計画中です。ご理解の程をお願い致します。
297

学内図書館にて「戦後70年写真展」開催中

5月31日(日)の「オールソフィアンお集い」にて写真展と講演会を開催し、6月14日(日)には、聖イグナチオ教会ヨセフホールでも披露させていただいた「戦後70年 戦時下の上智、学徒動員 写真展」が、上智大学四ツ谷キャンパス内中央図書館1階にて常設設展にされています。展示期間:2015年6月25日(木)~9月3日(木)場所:上智大学四谷キャンパス中央図書館1階開催時間:図書館の休館日を除く毎日     開館日開館時間につ... 5月31日(日)の「オールソフィアンお集い」にて写真展と講演会を開催し、6月14日(日)には、聖イグナチオ教会ヨセフホールでも披露させていただいた「戦後70年 戦時下の上智、学徒動員 写真展」が、上智大学四ツ谷キャンパス内中央図書館1階にて常設設展にされています。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-72.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201507041318408a1.jpg" alt="戦後70年資料展示を開催" border="0" width="430" height="287" /><br /><br />展示期間:2015年6月25日(木)~9月3日(木)<br />場所:上智大学四谷キャンパス中央図書館1階<br />開催時間:図書館の休館日を除く毎日<br />     開館日開館時間については<a href="http://www.sophia.ac.jp/jpn/research/lib/schedule" target="_blank" title="<開館スケジュール>"><開館スケジュール></a>をご確認ください。<br /><br />※入場の際、外部の方は図書館入口でお申し出ください。<br /><br />■戦前・戦中・戦後の時代区分による貴重な資料を展示<br /><br />上智大学の史・資料室が所蔵する、戦前・戦中・戦後の写真および資料を現在図書館1階で公開しています。当時のキャンパスの様子に加え、学内で行われた軍事教練や出陣学徒壮行会の模様を写真でお伝えするとともに、徴兵のために繰り上げ卒業となった卒業生代表による答辞なども展示しています。<br /><br />主催・問合せ:総務局広報グループ/史資料室<br />Tel: 03(3238)3294<br />詳しくは「上智大学公式ページ」を御覧ください<br />戦後70年「学生が見た、上智大学の戦前・戦中・戦後」写真・資料展示を開催<br /><a href="http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/news/2015/6/globalnews_1513/20150625?kind=0" target="_blank" title="http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/news/2015/6/globalnews_1513/20150625?kind=0">http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/news/2015/6/globalnews_1513/20150625?kind=0</a><br />
293

上智大学戦没者追悼の会主催「追悼ミサ」・「戦没者偲ぶ会」開催

戦後70年の今年、天皇皇后両陛下はパラオ共和国を訪問され、南方戦線の激戦地・ペリリュー島で、全ての戦没者と犠牲者に追悼の念を捧げられました。 アジア太平洋・15年戦争の末期に行われた学徒動員や徴兵で上智大学からも、学び舎を離れて戦場に向かい、再び還ることの出来なかった多くの仲間がおります。この戦後70年の節目に当たり、そうした仲間を偲び、追悼の行事を行いたいという機運が後輩達の間にも高まり、この度「... 戦後70年の今年、天皇皇后両陛下はパラオ共和国を訪問され、南方戦線の激戦地・ペリリュー島で、全ての戦没者と犠牲者に追悼の念を捧げられました。<br /><br /> アジア太平洋・15年戦争の末期に行われた学徒動員や徴兵で上智大学からも、学び舎を離れて戦場に向かい、再び還ることの出来なかった多くの仲間がおります。<br /><br />この戦後70年の節目に当たり、そうした仲間を偲び、追悼の行事を行いたいという機運が後輩達の間にも高まり、この度「上智大学戦没者追悼の会」を立ち上げ、下記の通り「追悼ミサ」並びに「戦没者偲ぶ会」を行う運びとなりました。<br />つきましては、会員の皆様にも是非ご参加頂きますようご案内申し上げます。<br />またご家族の方もどうぞご一緒にご参加下さい。<br /> <br />     記<br /><br /><strong>日時:2015年6月14日(日)<br />  13時30分~ 追悼ミサ <br />         聖イグナチオ教会マリア聖堂<br />  14時30分~ 戦没者を偲ぶ会<br />         ヨセフホール(聖イグナチオ教会内)<br />共催:上智大学ソフィア会、マスコミ・ソフィア会<br />協力:上智学院・上智大学</strong><br /><br /><br /> <br />戦没者のご遺族の方にも是非ご参加頂きたいので、ご遺族の方の連絡先などをご存知の方はソフィア会事務局までお知らせください。また、ご遺族等の消息をご存知の方、その他お問い合わせは下記にご連絡ください。<br /> <br />〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1上智大学ソフィア会事務局 山崎<br />       E-mail:jimukyoku@sophiakai.gr.jp Tel:03-3238-3041
289

『戦後70年  ー 写真展と体験者講演』を開催

マスコミ・ソフィア会主催『戦後70年 戦時下の上智、学徒動員 ー 写真展と体験者講演』を開催毎年ゴールデンウィーク後の5月最終週の日曜に行われ、8000人を超す現役学生や卒業生が集う「オールソフィアンズフェスティバル(ASF)」にて、マスコミ・ソフィア会は、戦後70年を機に、戦争体験を後世に伝えるため、上智大学出陣学徒の声を集めて記録に留める活動の一環として「写真展と体験者講演」を開催することになりました。コ... マスコミ・ソフィア会主催<br />『戦後70年 戦時下の上智、学徒動員 ー 写真展と体験者講演』を開催<br /><br />毎年ゴールデンウィーク後の5月最終週の日曜に行われ、8000人を超す現役学生や卒業生が集う「オールソフィアンズフェスティバル(ASF)」にて、マスコミ・ソフィア会は、戦後70年を機に、戦争体験を後世に伝えるため、上智大学出陣学徒の声を集めて記録に留める活動の一環として「写真展と体験者講演」を開催することになりました。<br /><br />コムソフィア(会報誌)No68でも特集した「学徒動員体験者の記録」に関する写真の展示はもとより、当日は、卒業生で体験者の方々をお招きしての講演会も催す予定です。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-76.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20150419093317afc.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-76.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20150419093317afc.jpg" alt="2_新聞学科記念写真_IMG_2925-s" border="0" width="430" height="296" /></a><br />1943年10月、専門部新聞学科生全員入隊を前にしての記念撮影<br />(後列左より4番目:故・マスコミソフィア会・濱口浩三会長)<br /><br />みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。<br /><br />◆タイトル:戦後70年 戦時下の上智、学徒動員 ー 写真展と体験者講演<br />◆日時:2015年5月31日(日)<br />◆時間:11:00~15:00<br />◆場所:紀尾井坂ビル1階115教室(図書館の奥、11号館を入って左奥のビル)<br />◆主催団体:マスコミ・ソフィア会<br /><br />※特集記事<a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-288.html" >「【特集】戦後70年を迎えて:学徒動員体験者の証言」</a>も合わせて御覧ください。
286

第25回コムソフィア賞推薦候補者募集

キラリと光るソフィアンを推薦してください!第25回(2015年)コムソフィア賞候補者の推薦を、今年も募集いたします。「コムソフィア賞」選考基準は、上智大学の関係者(在学生、卒業生等)で(1)国際社会、地域社会に貢献した優れた人物、(2)際報道、日本紹介に優れた業績を挙げた人物、(3)マスコミ学に新しい優れた論文を発表した人物となっています。社会の一隅でキラリと光る活躍しているソフィアンを推薦してください... <span style="font-size:large;">キラリと光るソフィアンを推薦してください!</span><br /><br />第25回(2015年)コムソフィア賞候補者の推薦を、今年も募集いたします。<br /><br />「コムソフィア賞」選考基準は、上智大学の関係者(在学生、卒業生等)で<br />(1)国際社会、地域社会に貢献した優れた人物、<br />(2)際報道、日本紹介に優れた業績を挙げた人物、<br />(3)マスコミ学に新しい優れた論文を発表した人物<br />となっています。社会の一隅でキラリと光る活躍しているソフィアンを推薦してください。<br /><br />昨年度は、<br />◆コムソフィア賞:師岡 文男(もろおか ふみお)さん<br />  (1976文史卒 上智大学文学部教授・保健体育研究室室長)<br />◆コムソフィア賞濱口賞:安田 菜津紀(やすだ なつき)さん<br />  (2010総合人間学部教育学科卒 フォトジャーナリスト)<br />の2人の方々が受賞されています。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-76.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20150301122953d66.jpg" alt="第24回コムソフィア授賞式安田1" border="0" width="430" height="323" /><br />(右)コムソフィア賞:師岡文男(もろおか ふみお)さん<br />(左)コムソフィア賞濱口賞:安田菜津紀(やすだ なつき)さん<br /><br />推薦(自薦他薦問わず)したい方は、候補者の氏名とプロフィール、推薦する理由を記入の上、推薦される方の氏名、卒業年度及び学部学科、現職名、e-mail address(連絡先)等を添えて下記までお送り下さい。<br /><br />e-mail:info@cumsophia.jp<br />郵送:上智大学マスコミ・ソフィア会<br />   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1上智大学ソフィア会内<br />   (TEL:03-3238-3041 FAX:03-3238-3028)<br /><br />なお、これまでの受賞者一覧は下記よりご確認いただけます。<br /><a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-172.html" title="<コムソフィア賞受賞者一覧>"><コムソフィア賞受賞者一覧></a><br /><br />締め切りは2015年3月30日(月)です。
280

紀尾井の森カルチャー倶楽部 第12回:自殺を減らした男を密着取材、見えたこと。

好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の第十二回目は、朝日新聞・教育総合本部で社会記者をされる中村智志さん(1987文新)をお迎えして、10月に出版された「あなたを自殺させない」(新潮社)の取材を通じて経験した貴重な体験談をご披露いただきます。中村智志さん日本の自殺者は、1998年に一挙に8千人以上増えて3万人を超えた。 近年、3万人を割り込んだものの、OECD加盟国では... 好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の第十二回目は、朝日新聞・教育総合本部で社会記者をされる中村智志さん(1987文新)をお迎えして、10月に出版された「あなたを自殺させない」(新潮社)の取材を通じて経験した貴重な体験談をご披露いただきます。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-80.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20141228102140bb1.jpg" alt="中村智志" border="0" width="150" height="200" class="img-responsive"/><br />中村智志さん<br /><br />日本の自殺者は、1998年に一挙に8千人以上増えて3万人を超えた。 近年、3万人を割り込んだものの、OECD加盟国では韓国に次いで自殺率が高い。98年に増えた自殺の多くは、経済事由・経営者の自殺、バブル経済崩壊の景気悪化、銀行の貸し渋り、貸し剝が原因だった・・・。<br /><br />中村さんはその一つの答えをNPO法人「蜘蛛の糸」を運営する佐藤久男さんから得ることになります。<br /><br />佐藤さんは、秋田県で経営していた不動産会社が2000年に倒産。その前後、自身のうつ病や死の誘惑に苦しんだそうです。そんなとき、仲間の社長が谷底に飛び込み自殺。雇用、納税、流通、街の活性化など、日頃から幅広い貢献活動で地域を支える中小企業経営者が、なぜ命を償われなければならないのか。<br /><br />佐藤さんは2002年、一念発起してNPO法人「蜘蛛の糸」を立ち上げます。経営者の自殺対策を掲げるNPOは類例がなく、全国から相談が相次いだそうです。これを立ち上げたことで11年後の2013年には、秋田県の経営者の自殺はピークの3分の1に減りました。自殺者全体でも半数ほどに減らすことが出来ました。今ではこの民間団体、大学、行政が連携する秋田の自殺対策活動が全国のモデルにまでなってるそうです。<br /><br />今回は、中村さんの取材から得た「自殺を減らす方法とは?」余すことなく語っていただきます。ぜひ多くのみなさんに聞いていただければと思います。<br /><br />参加ご希望の方は下記アドレス のマスコミ・ソフィア会にメール、またはソフィア会内マスコミ・ソフィア会あてFAXでお申し込み下さい。<br />info@cumsophia.jp<br /><br />■第十二回紀尾井の森カルチャー倶楽部<br />日時:2015年1月28日(水)18:30~20:00<br />演目:自殺を減らした男を密着取材、見えたこと。<br />講師:中村智志さん(1987文新) <br />   朝日新聞記者 教育総合本部勤務<br />会費:会員1,000円 非会員2,000円 学生 500円<br />場所:四ツ谷上智大学構内12号館1F ソフィアンズ・クラブ(下記に地図)<br />   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1<br />   上智大学12号館特別室(Tel 03-3238-3041)<br />※講演後に懇親会(1時間程度)を予定しております。<br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br />   <br /><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/c/u/m/cumsophia/sophiansclub_map_20130514142611.gif" alt="sophiansclub_map_20130514142611.gif" border="0" width="421" height="359" /><br /><br />上智大学ソフィア会内:FAX:03-3238-3028(マスコミ・ソフィア会宛で)<br />ソフィア会HP:<a href="http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html" target="_blank" title="http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html">http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html</a><br /><br /><hr size="1" /> (中村智志さん略歴)<br /> 1964年東京都生まれ。1987年上智大学文学部新聞学科卒。 同年、朝日新聞社入社。アサヒグラフ編集部、ASAHIパソコン編集 部、東京本社社会部、週刊朝日編集部などを経て2011年より教育 総合本部員。著書に『段ボールハウスで見る夢』(草思社。講談社ノ ンフィクション賞受賞)、『新宿ホームレスの歌』(朝日新聞社、聞き書 きの共著)、『大いなる看取り』(新潮社、山田洋次監督「おとうと」の 参考書籍)がある。最新刊が『あなたを自殺させない』(新潮社)。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103067020/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51VVHIBBJyL._SL160_.jpg" border="0" alt="あなたを自殺させない: 命の相談所「蜘蛛の糸」佐藤久男の闘い" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103067020/twoc-22/" target="_top">あなたを自殺させない: 命の相談所「蜘蛛の糸」佐藤久男の闘い</a><br />中村 智志 <br /><br />新潮社 2014-10-31<br />売り上げランキング : 6178<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103067020/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table>
279

ヨゼフ・ピタウ氏逝去

12月26日21時55分、ピタウ先生が逝去されました。享年86歳。脳幹梗塞とのこと。イタリアの弟さまたち、ロヨラハウスの皆さまに見守られ、いまはロヨラハウスにいらっしゃり、29日に荼毘に訃されるそうです。日本での葬儀ミサは、1月14日13時半からの予定。詳細は今後ソフィア会ホームページに掲載予定。ヨゼフ・ピタウ氏は、イタリア、サルデーニャ州ヴィッラチードロの生まれ。1945年にイエズス会に入会。1952年、スペイン・バル... 12月26日21時55分、ピタウ先生が逝去されました。享年86歳。脳幹梗塞とのこと。<br />イタリアの弟さまたち、ロヨラハウスの皆さまに見守られ、いまはロヨラハウスにいらっしゃり、29日に荼毘に訃されるそうです。日本での葬儀ミサは、1月14日13時半からの予定。詳細は今後ソフィア会ホームページに掲載予定。<br /><br />ヨゼフ・ピタウ氏は、イタリア、サルデーニャ州ヴィッラチードロの生まれ。<br />1945年にイエズス会に入会。1952年、スペイン・バルセロナ大学にて哲学を修めた年に来日。<br />1960年上智大学大学院神学研究科修了。1963年にハーバード大学大学院政治学研究科を修了、日本の政治史に関する論文で博士号を取得。<br />1966年より上智大学法学部政治学教授、その後1968年から1981年まで上智大学学長を務められました。<br />(wikipediaより引用)
275

紀尾井の森カルチャー倶楽部 第11回:生活習慣病でも"グルメ"な生活を!

好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の11回目は、前回の今川さんに続いて長生きシリーズ第2弾。インナービュー ティー・スペシャリストとして大活躍中のマリー秋沢さん(1992比文)をお迎えし、生活習慣病にならずにグルメを続けられる食事メニューを大公開くださいます。マリー秋沢さん現在、6人に1人は65歳以上の中高年の時代。今までとは違った社会システムの構築が求められ... 好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の11回目は、前回の今川さんに続いて長生きシリーズ第2弾。インナービュー ティー・スペシャリストとして大活躍中のマリー秋沢さん(1992比文)をお迎えし、生活習慣病にならずにグルメを続けられる食事メニューを大公開くださいます。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20141104113016042.jpg" alt="マリー秋沢さん写真決定版" border="0" width="300" height="400" class="img-responsive"/><br />マリー秋沢さん<br /><br />現在、6人に1人は65歳以上の中高年の時代。今までとは違った社会システムの構築が求められます。元気なお年寄りが増え、長寿国日本を誇れるような時代にし、国民病とも言われる生活習慣病をどう克服するか? それには毎日の食生活が大切。特に成人病でも美味しい食事が食べられれば、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)の値が向上し、豊かな生活が送れ病気も克服できます。<br /><br />今回の講演では、現在秋沢さんが日頃行っている「ヘルシーグルメ料理教室」での実例を元に、毎日の献立の秘訣、材料の選び方、調理法などをお話してくださいます。マリー秋沢さんの父が糖尿病である事実を踏まえ、より具体的で実用的な料理法も伝授くださるそうなので、ぜひ多くのみなさんに聞いていただければと思います。<br /><br />■第11回マスコミ・ソフィア会・紀尾井の森カルチャー倶楽部<br />日時:2014年11月21日(金)18:30~20:00 <br />演目:生活習慣病でも”グルメ”な生活を!<br />講師:マリー秋沢さん(1992比文)<br />   インナービュー ティー・スペシャリスト<br />会費:会員1,000円、 非会員2,000円 学生 500円<br />場所:四ツ谷上智大学構内12号館1F ソフィアンズ・クラブ<br />  (下記に地図)<br />   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1<br />   上智大学12号館特別室 <br />   Tel 03-3238-3041 FAX:03-3238-3028<br />(ソフィア会HP:<a href="http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html" target="_blank" title="http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html">http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html</a>)<br /><br /><img src="http://blog-imgs-60.fc2.com/c/u/m/cumsophia/sophiansclub_map_20130514142611.gif" alt="sophiansclub_map_20130514142611.gif" border="0" width="421" height="359" /><br /><br />参加ご希望の方は下記アドレス のマスコミ・ソフィア会にメール、またはソフィア会内マスコミ・ソフィア会あてFAXでお申し込み下さい。<br />info@cumsophia.jp<br /><br />上智大学マスコミ・ソフィア会<br />〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1<br />上智大学ソフィア会内:FAX:03-3238-3028<br /><br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br />マリー秋沢さん略歴<br />アメリカミシガン州生まれ 。神戸インターナショナルスクール卒。上智大学比較文化学部在学中にミスユニバース近畿代表に選出される。大学卒業後、ホテルニューオータニで広報を担当。その後、通訳として独立。 美容学校のイギリス人の校長について通訳を経験したのをきっかけに、アメ リカで美容家の仕事をスタート。当時日本では重要視されなかった内側からの美 、“インナービューティー”の大切さを日本に紹介し、美容業界に浸透させる。健康でいること=美しさを維持というテーマで、野菜や食べ物全般の栄養、そしてサプリメントの基礎知識などを広めた。現在は、美と健康、アンチエイジングに関連するセミナー、糖質オフ料理などの”ヘルシーグルメ料理教室”を東京や大阪で展開中。今年6月には、アンチエイジング医学の権威、順天堂大学 の白澤卓二先生の医学監修で『グルメをあきらめず糖尿病を改善』という料理本を主婦の友社から出版。
274

紀尾井の森カルチャー倶楽部 第十回:100歳まで元気な"食生活"とは?

好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の十回目の節目は、食文化研究家、栄養士として現在も減益でご活躍中の今川香代子さん(1964文新)をお迎えして、長年、世界の食文化を研究してきた今川さんが、栄養学の見地から、健康で長生きする秘訣をお話いただくとともに、また食生活に直接係るTPPについても問題点を指摘していただきます。今川香代子さん■第十回マスコミ・ソフィア会・紀... 好評を博しているマスコミソフィア会主催の文化活動「紀尾井の森カルチャー倶楽部」の十回目の節目は、食文化研究家、栄養士として現在も減益でご活躍中の今川香代子さん(1964文新)をお迎えして、長年、世界の食文化を研究してきた今川さんが、栄養学の見地から、健康で長生きする秘訣をお話いただくとともに、また食生活に直接係るTPPについても問題点を指摘していただきます。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20141011141057889.jpg" alt="今川香代子氏" border="0" width="200" height="267" /><br />今川香代子さん<br /><br /><strong>■第十回マスコミ・ソフィア会・紀尾井の森カルチャー倶楽部</strong><br />日時:2014年10月28日(火)18:30~20:00 <br />演目:100歳まで元気な”食生活”とは!<br />講師:今川香代子さん(1964文新)<br />   食物史、食文化研究家、栄養士<br />会費:会員1,000円、 非会員2,000円 学生 500円<br />場所:四ツ谷上智大学構内12号館1F ソフィアンズ・クラブ<br />  (下記に地図)<br />   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1<br />   上智大学12号館特別室 <br />   Tel 03-3238-3041 FAX:03-3238-3028<br />(ソフィア会HP:<a href="http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html" target="_blank" title="http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html">http://www.sophiakai.gr.jp/club/index.html</a>)<br /><br />現在日本では、百歳以上の人が5万人を超えます。 驚異的な数字ですが、彼らが若い頃は食糧不足の時代で「低カロリー」の食事しかとれなかった歴史があります。 それが幸いし長寿を迎えられているといわれるわけですが、現在の「高カロリー」の食事をしている若者は百歳まで生きられるのでしょうか?<br /><br />生活習慣病患者は1千5百万人と言われ、予備軍を入れると国民の5人に1人は「病気」という ことになり、健康保険財政は膨らむ一方。どのような食生活をすれば元気に長寿を楽しめ るのか? その分野のエキスパートでもある今川香代子さんの楽しいお話を、ぜひ多くのみなさんに聞いていただければと思います。<br /><br /><table><tr><td align="center"><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20141011150001e2a.jpg" width="230" height="230"></td><td align="center"><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2014101115000373d.jpg" width="181" height="230"></td></tr><tr><td align="center">酒や油を入れるギリシャ古代の壺1</td><td align="center">酒や油を入れるギリシャ古代の壺2</td></tr></table><br />参加ご希望の方は下記アドレス のマスコミ・ソフィア会にメール、またはソフィア会内マスコミ・ソフィア会あてFAXでお申し込み下さい。<br />info@cumsophia.jp<br /><br />上智大学マスコミ・ソフィア会<br />〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1<br />上智大学ソフィア会内:FAX:03-3238-3028<br /><br />※マスコミ・ソフィア会会員には、年会費4000円をお納めいただければどなたでもなれます。<br /><br /><strong>今川香代子さん略歴</strong><br />上智大学新聞学科卒 女子栄養大学短期大学卒業 食物史、食文化研究家、栄養士。 職歴:人物往来社、光文社「女性自身」編集、田村魚菜料 理学校「料理の手帳」編集、大関早苗秘書、香川栄養専 門学校講師。 著書;「ロマンチックアメリカ食物誌」(亜紀書房)、 「ハーブ生活への招待」(PHP研究所)、「美しくなれる食 物事典」(PHP研究所) 「シェイクスピア食べものがたり」(近代文芸社) 翻訳:「対訳ブロンディ」(朝日ジャーナル出版部)、 「古代ギリシャ・ローマの料理」(丸善出版) その他、味の素のPR誌に食のエッセイを10年間連載。 現在はウナギの世界史を書くため、資料を準備中。
273

故 濱口浩三さん「納骨式」

マスコミ・ソフィア会幹事の皆さま 磯浦康二です。6月17日、再発性肺炎でお亡くなりになったマスコミ・ソフィア会会長で、東京放送ホールディングス社長室名誉顧問(元東京放送代表取締役社長)だった、故濱口浩三前会長の「納骨式」が、10月5日、四ツ谷の聖イグナチオ教会地下のクリプタで行われました。マスコミ・ソフィア会からは磯浦、山口、新田、向山、稲村、山田の6人が参列しました。式は、まずクリプタに設けられた... マスコミ・ソフィア会幹事の皆さま 磯浦康二です。<br /><br />6月17日、再発性肺炎でお亡くなりになったマスコミ・ソフィア会会長で、東京放送ホールディングス社長室名誉顧問(元東京放送代表取締役社長)だった、故濱口浩三前会長の「納骨式」が、10月5日、四ツ谷の聖イグナチオ教会地下のクリプタで行われました。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20141011140451132.jpg" alt="濱口納骨式RIMG5866" border="0" width="430" height="323" /><br /><br /><br />マスコミ・ソフィア会からは磯浦、山口、新田、向山、稲村、山田の6人が参列しました。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2014101114045499b.jpg" alt="濱口納骨式RIMG5870" border="0" width="430" height="323" /><br /><br />式は、まずクリプタに設けられた祭壇で英神父の司式でミサが行われた後、2010年に亡くなった和子夫人と同じ場所に濱口久仁子さん麻里子さんお二人の手で、納骨されました。場所は地下クリプタのA111ー4で、パウロ濱口浩三と奥様の銘板が貼られています。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-56.fc2.com/c/u/m/cumsophia/201410111404534f0.jpg" alt="濱口納骨式RIMG5867" border="0" width="430" height="323" /><br /><br />クリプタは聖イグナチオ教会大聖堂に入って左側に進むと入口の表示があります。螺旋階段を下ると、案内板があります。お参りは日中はいつでもできるそうです。
    Return to Pagetop