最新記事

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1382' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
341

ソフィアンが書いた本「ROUGE「アカ」」

ROUGE「アカ」伊藤千砂著(1990外仏) 2017年3月21日発行企画・取扱い連絡先◎ビーズ千砂chisa@domainebize.frこの本は、芳醇なワインそれもRougeを手許において味読することをお勧めする。急死したご主人(ブルゴーニュワイン蔵元)への挽歌いや鎮魂歌といっていい。ご主人を愛し、美味しいブルゴーニュワインを生む大地を愛する作者の魂の発露が、そえられた美しいブドウ園の写真とともに心に響く。ワインの持つ生命力に乾杯!伊藤... ROUGE「アカ」<br />伊藤千砂著(1990外仏) 2017年3月21日発行<br />企画・取扱い連絡先◎ビーズ千砂chisa@domainebize.fr<br /><br /><a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2017040411420683a.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/c/u/m/cumsophia/2017040411420683a.jpg" alt="「ルージュ」表紙630x800" border="0" width="200" height="253" /></a><br /><br />この本は、芳醇なワインそれもRougeを手許において味読することをお勧めする。急死したご主人(ブルゴーニュワイン蔵元)への挽歌いや鎮魂歌といっていい。<br /><br />ご主人を愛し、美味しいブルゴーニュワインを生む大地を愛する作者の魂の発露が、そえられた美しいブドウ園の写真とともに心に響く。ワインの持つ生命力に乾杯!<br /><br />伊藤千砂プロフィール<br />1967年東京生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒。86年度ミス・ソフィア。在学中、一年フランスへ留学。卒業後、フランス商業銀行に就職。東京支店勤務の後、パリ本店へ。パリ滞在の2年間でワインの魅力にとりつかれ、帰国後、アカデミー・デュ・ヴァンに通い始める。96年、仏ブルゴーニュ地方のボーヌにあるサヴィニー・レ・ボーヌ村の老舗ドメーヌである「シモン・ビーズ」4代目当主パトリック・ビーズ氏と東京で出会う。97年には渡ブルゴーニュ。98年に結婚。2002年ドメーヌ・ビーズのマダムに就任。2015年、彼女の活動を追ったドキュメンタリー「ヴィニュロンの妻 日本人マダムと名門ドメーヌ 再起の闘い」がNHKで放送された。(<a href="http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/150523.html" target="_blank" title="http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/150523.html">http://www.nhk.or.jp/etv21c/archive/150523.html</a>)既著「<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/441303404X/" target="_blank" title="ブルゴーニュワイン村で見つけた世界でいちばん贅沢な生活(青春出版社)">ブルゴーニュワイン村で見つけた世界でいちばん贅沢な生活(青春出版社)</a>」など。<br />※プロフィールは<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/441303404X/" target="_blank">『ブルゴーニュワイン村で見つけた世界でいちばん贅沢な生活』</a>より転載
315

ソフィアンが書いた本(コムソフィアNo69より)

億男マガジンハウス刊 2014年10月15日発行 1,400円 + 税川村元気(2001文新)著億男川村 元気 マガジンハウス 2014-10-15売り上げランキング : 6839Amazonで詳しく見る by G-Toolsもし、「 億 」というお金を突如手にしたら、そのお金であなたは何をしますか?3000万円借金している男が宝くじで3億当てた。友人に相談したところ、友人が3億円を持って逃走。30日間それを追う小説仕立てなのだが、随所に「お金と幸せの答え」と「お金... <span style="font-size:large;"><strong>億男</strong><br /></span>マガジンハウス刊 2014年10月15日発行 1,400円 + 税<br />川村元気(2001文新)著<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838727143/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51FHk1tP6xL._SL160_.jpg" border="0" alt="億男" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838727143/twoc-22/" target="_top">億男</a><br />川村 元気 <br /><br />マガジンハウス 2014-10-15<br />売り上げランキング : 6839<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838727143/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />もし、「 億 」というお金を突如手にしたら、そのお金であなたは何をしますか?3000万円借金している男が宝くじで3億当てた。友人に相談したところ、友人が3億円を持って逃走。30日間それを追う小説仕立てなのだが、随所に「お金と幸せの答え」と「お金のルール」をめぐる格言が出てくる 一 種哲学的な自 己啓発本といえる。著者の70万部突破小説『世界から猫が消えたなら』に続く第2弾。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">くららと言葉</span></strong><br />講談社刊 2015年1月14日発行 1,500円+税<br />知花くらら(2006文教)著<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062192217/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51fVIpCF8EL._SL160_.jpg" border="0" alt="くららと言葉" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062192217/twoc-22/" target="_top">くららと言葉</a><br />知花 くらら <br /><br />講談社 2015-01-15<br />売り上げランキング : 34725<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062192217/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />ファッション雑誌の表紙を飾り、テレビ番組にも登場する天下の美女が書いた本ということで、本屋でぱらぱら拾い読みしていたが、どうして思わず引き込まれ買ってしまった。本を構成する言葉には、就職活動をしながらミス・ユニバース最終応募を決断した恩師の言葉から神学部友人の言葉そして、現在自分の行動指針になっている古今東西賢人の言葉が散りばめられている。著者はいう“哲学し行動する花となれ”と。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">未来のことは未来の私にまかせよう</span></strong><br />文藝春秋刊 2015年3月30日発行 1,200円+税<br />黒木奈々(2006年外仏)著<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163902384/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51nAt76yd0L._SL160_.jpg" border="0" alt="未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163902384/twoc-22/" target="_top">未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター</a><br />黒木 奈々 <br /><br />文藝春秋 2015-03-26<br />売り上げランキング : 4328<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163902384/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />9月19日NHKBS1「国際報道2015」のメインキャスターであった著者の癌死が報じられた。32歳あまりにも若い死であった。刻々と変化する国際情勢を伝えるニュース戦場での壮絶な死といえようか。上智の先輩安藤優子・三雲孝江さんたちに憧れ小学生からの夢であるアナウサーなって5ヵ月、突然胃の激痛に襲われ、胃癌と判明闘病生活が始まる。もう一度報道現場に戻る希望を果すべく抗癌剤治療にガンバる日常が綴られている。今は絶筆となってしまったのが悲しい。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">世界喫煙伝播史</span></strong><br />思文閣出版刊 2015年8月10日発行 8,500円+税<br />鈴木達也(1963外英)著<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784217991/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xWO%2BifEQL._SL160_.jpg" border="0" alt="世界喫煙伝播史" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784217991/twoc-22/" target="_top">世界喫煙伝播史</a><br />鈴木 達也 <br /><br />思文閣出版 2015-08-17<br />売り上げランキング : 1213222<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784217991/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />読書の秋、煙草を燻らしながら、愛煙家にはたまらない垂涎の本が出た。IT企業社長を務めつつ長年にわたり、古今東西、世界の喫煙に関する膨大な文献を調べ、フィールドワークを重ねまとめた驚嘆すべき前著『喫煙伝播史の研究』に続く大著。世界各地の喫煙伝播の歴史を踏まえ、日本に煙草が入ってきた経過を追跡しているが、まるで推理小説を読むような感がする。喫煙伝播史解明には故ピタウ神父(元上智大学長)も協力されているのは興味深い。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ</span></strong><br />日経BP社刊 2015年7月13日発行 1,500円+税<br />石倉洋子(1971外英)著<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250954/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51aSONcDJjL._SL160_.jpg" border="0" alt="世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250954/twoc-22/" target="_top">世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ</a><br />石倉 洋子 <br /><br />日経BP社 2015-07-08<br />売り上げランキング : 51562<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822250954/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />今やダボス会議、世界女性ビジネス会議などの司会・演者としてグローバルに活躍する著者のオンライン連載コラムをまとめた本。文字通り世界で活躍するためのノウハウが平易な言葉で綴られている。小さな心がけと謙遜しているが、どうして著者長年の経験軸がもとになっている大きな知恵の泉である。なみの教授が束になってもかなわない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">海軍予備学生よもやま物語</span></strong><br />光人社刊 1984年12月28日発行 980円(絶版)<br />石倉 豊(1944商経)著<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769802544/twoc-22/" target="_top"><img src="http://blog-imgs-89.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20151129154935ae9.jpg" alt="海軍予備学生よもやま物語" border="0" width="120" height="177" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769802544/twoc-22/" target="_top">海軍予備学生よもやま物語</a><br />石倉 豊 <br /><br />光人社 1984-12<br />売り上げランキング : 1187822<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4769802544/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />今年は戦後70年とういことで去る6月14日上智大学戦没者追悼ミサが挙行された。この準備段階でなんと著者は、石倉洋子さんのお父さん(今も健在)で昭和18年10月21日神宮競技場の出陣学徒壮行会で上智大学校旗を掲げ、旗手として行進したことが判明した。学徒出陣でやむなく海軍予備学生(対潜学校)になった日から終戦までを透徹した目で、時にはユーモアもまじえ記述している。日本海軍は米軍に比べて潜水艦に対する認識が遅れ、技術力、物量において遅れをとり日本の艦船を数多く沈められ、太平洋における制海権を失ったことを対潜水艦の専門家として冷静に分析している。また佐世保港に「陸軍」の潜水艦が数隻並んでいるのを目撃して驚くなど具体的に当時の事実を伝えている。文中、多くの同期や先輩の動員学徒の戦死を記しているが「敵を知らず、己を知らず」のリーダーによって多くの有為の若者の命が失われたことに改めて憤りを感じる。戦争の実態を知る上で貴重な1冊である。<br />
285

ソフィアンの書いた本_会報68号

■英語教育論争から考える鳥飼玖美子著(1969外西・第20回コムソフィア賞受賞)みすず書房刊 2014年8月8日発行、2,700円+税英語教育論争から考える鳥飼 玖美子 みすず書房 2014-08-09売り上げランキング : 133743Amazonで詳しく見る by G-Tools 「日本の英語教育の歴史は、批判を受けての”抜本改革”提言の歴史である」著者は冒頭をこう述べて、今から40年前、平泉渉参議院議員と上智大学渡部昇一教授の間で行われた英語教育... <span style="font-size:large;">■英語教育論争から考える<br />鳥飼玖美子著(1969外西・第20回コムソフィア賞受賞)<br />みすず書房刊 2014年8月8日発行、2,700円+税</span><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622078473/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41RvIIdg9jL._SL160_.jpg" border="0" alt="英語教育論争から考える" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622078473/twoc-22/" target="_top">英語教育論争から考える</a><br />鳥飼 玖美子 <br /><br />みすず書房 2014-08-09<br />売り上げランキング : 133743<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622078473/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /> 「日本の英語教育の歴史は、批判を受けての”抜本改革”提言の歴史である」著者は冒頭をこう述べて、今から40年前、平泉渉参議院議員と上智大学渡部昇一教授の間で行われた英語教育「大論争」を軸に「日本の英語教育」を論じている。この本で「平泉試案」について初めて詳しく知ることができたが、この「試案」は現在にも通じる内容であることに驚いた。そして著者は「グローバル市民にとって必要な”異文化コミュニケーション能力”は”相手に配慮しつつ、自らの考えを論理的に主張し、折り合うことのできる能力”である」とする。本書を通読すれば日本の英語教育の何が問題かがよく理解できる好著である。 <br /> <br /><span style="font-size:large;">■なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるか<br />嶋 浩一郎著(1993法法 博報堂ケトル社長・第23回コムソフィア賞受賞)<br />祥伝社 2013年6月10日発行 780円+税</span><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396113218/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41xy3gXE%2BFL._SL160_.jpg" border="0" alt="なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396113218/twoc-22/" target="_top">なぜ本屋に行くとアイデアが生まれるのか(祥伝社新書321)</a><br />嶋 浩一郎 <br /><br />祥伝社 2013-06-03<br />売り上げランキング : 169555<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396113218/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /> 本を溺愛し、「本屋大賞」を推進する著者が書いた、出るべくして出た本といえよう。今や情報も本もネットで入手することが出来るが、本屋にいかなければ絶対得られないものがある。それは想定外の出会いの場を提供してくれて、新しいアイデアがあふれるという。特に「本屋の歩き方5カ条」は秀逸、試みる価値あり。著者と奥さんとの本を巡る夫婦喧嘩の話も出てきて思わず破顔する。<br /> <br /><span style="font-size:large;">■木材・石炭・シェールガス―文明史が語るエネルギーの未来<br />石井 彰著(1974法法)<br />PHP新書 2014年5月2日 780円+税</span><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569817971/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/413uOepX4wL._SL160_.jpg" border="0" alt="木材、石炭、シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来 (PHP新書)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569817971/twoc-22/" target="_top">木材、石炭、シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来 (PHP新書)</a><br />石井 彰 <br /><br />PHP研究所 2014-04-16<br />売り上げランキング : 27718<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569817971/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /> 日本にとって先の戦争原因がエネルギー、特に石油であった。目下のエネルギー問題は、原子力発電が止まって火力用天然ガスである。その輸入代金が国家の経済を圧迫している。では我々は将来日本のエネルギーをどのように選択すればよいのか、著者の長年の調査研究による示唆に富んだ発言(再生可能エネルギーは環境に悪い・他)には、目の鱗が落ちる。<br /> <br /><span style="font-size:large;">■ファイナル・ウォー―アメリカが目論む最後の「日本収奪計画」<br />ベンジャミン・フルフォード著(1960比文 米経済誌「フォーブス」元アジア太平洋支局長・第13回コムソフィア賞特別賞受賞)<br />扶桑社 2014年8月11日1,300円+税</span><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594070876/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/411ixMTZjLL._SL160_.jpg" border="0" alt="ファイナル・ウォー アメリカが目論む最後の「日本収奪計画」" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594070876/twoc-22/" target="_top">ファイナル・ウォー アメリカが目論む最後の「日本収奪計画」</a><br />ベンジャミン・フルフォード <br /><br />扶桑社 2014-08-02<br />売り上げランキング : 22135<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594070876/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /> かつて日本のメディアが報じなかったブシュ元アメリカ大統領と小泉首相の欺瞞を鋭く指弾した著者は、この本ではアベノミックに内在するアメリカの狙い、特にTPPについて迫っている。日本経済は、著者が12年前に書いた『日本がアルゼンチンタンゴを踊る日』(光文社)で指摘したハイパーインフレの恐ろしさが現実のものになろうとしている。<br /> <br /><span style="font-size:large;">■波止場浪漫(上・下)<br />日本経済新聞出版社刊、2014年12月1日発行 各冊1,600円+税<br />諸田玲子著(1976文英・第9回コムソフィア賞受賞)</span><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453217130X/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61ClkIId92L._SL160_.jpg" border="0" alt="波止場浪漫 (上)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453217130X/twoc-22/" target="_top">波止場浪漫 (上)</a><br />諸田 玲子 <br /><br />日本経済新聞出版社 2014-12-02<br />売り上げランキング : 112447<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453217130X/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /> 次郎長の娘が胸に秘める幾星霜を経た切ない恋…近代化を急ぐ明治から大正の世、清水の波止場を舞台に、東大出の西洋医との出逢いが人生を変えた…。この物語は日本経済新聞朝刊に2013年4月18日~2014年7月9日まで連載された。※執筆時の講演録がコムソフィアオンラインに掲載されています=><a href="http://cumsophia.blog106.fc2.com/blog-entry-269.html" title="こちらをクリック">こちらをクリック</a>
256

ソフィアンの書いた本_会報67号

■相も変わらず きりきり舞い諸田玲子著(76文英・第9回コムソフィア賞受賞)相も変わらず きりきり舞い諸田 玲子 光文社 2014-02-19売り上げランキング : 319676Amazonで詳しく見る by G-Tools小町娘と評判の主人公舞は十返舎一九の娘。なぜか父や葛飾北斎の娘のお栄ら、奇人変人たちの大騒動の後始末ばかり。恋を邪魔され、縁談は壊され、いつも唱えるまじないは「奇人気まぐれ、きりきり舞い!」。諸田さん好評シリーズ作品。... <span style="font-size:large;">■相も変わらず きりきり舞い<br />諸田玲子著(76文英・第9回コムソフィア賞受賞)</span><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334929265/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/510yxOyvzFL._SL160_.jpg" border="0" alt="相も変わらず きりきり舞い" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334929265/twoc-22/" target="_top">相も変わらず きりきり舞い</a><br />諸田 玲子 <br /><br />光文社 2014-02-19<br />売り上げランキング : 319676<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334929265/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />小町娘と評判の主人公舞は十返舎一九の娘。なぜか父や葛飾北斎の娘のお栄ら、奇人変人たちの大騒動の後始末ばかり。恋を邪魔され、縁談は壊され、いつも唱えるまじないは「奇人気まぐれ、きりきり舞い!」。諸田さん好評シリーズ作品。また小説『きりきり舞い』は、明治座で4月6日~26日まで田中麗奈さん主演により舞台公演された。<br /><br /><span style="font-size:large;">■反原発へのいやがらせ全記録―原子力ムラの品性を嗤う<br />鮎川ゆりか氏(71外英)推薦</span><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750339490/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51BVVYgTQOL._SL160_.jpg" border="0" alt="反原発へのいやがらせ全記録――原子力ムラの品性を嗤う" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750339490/twoc-22/" target="_top">反原発へのいやがらせ全記録――原子力ムラの品性を嗤う</a><br />海渡 雄一 <br /><br />明石書店 2014-01-24<br />売り上げランキング : 170730<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750339490/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />民主国家といわれる日本で行われていた、いや今も進行している市民へのいやがらせの実状を知っていますか。なぜ民主主義の根幹である言論弾圧という事実があまり報道されずにいるのか。この本には、反原発運動に対する無形・有形の圧力(いやがらせ)の記録が纏められている。まさかと思うが手紙・葉書・請求書などの証拠写真を見ると事実であることがわかる。第21回コムソフィア賞受賞の鮎川ゆりかさん(71外英)は、大量のおぞましい郵便物が送られてきた経験を記載しているが戦慄を覚える。<br /><br /><br /><span style="font-size:large;">■ファインダー越しの3.11<br />安田菜津紀共著(10総教・第24回コムソフィア賞濱口賞受賞)</span><br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562047585/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51cTzYRr1cL._SL160_.jpg" border="0" alt="ファインダー越しの3.11" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562047585/twoc-22/" target="_top">ファインダー越しの3.11</a><br />安田 菜津紀 渋谷 敦志 佐藤 慧 <br /><br />原書房 2011-12-01<br />売り上げランキング : 49975<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562047585/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />3.11が風化しつつあるといわれているが、未曽有の大震災を「ファインだー越し」に心でしっかり記録している。その被災者を見る目は直截的で澄んでいて、とてもやさしい。震災地で自問する。「なぜ写真なのか? 何のため、誰のため?」写真を通して何ができるかを。実存主義的哲学者J.サルトルはベトナム戦争時に「飢える子どもの前に文学は何ができるか?」と問うた。文学の代りに写真と置き替えられる。写真は被写体の心に届く1枚が大切なのだと。本書は若きフォトジャーナリストの成長の記録でもある。
198

ソフィアンが編集した本

「立ち止まれば、見えてくるもの」 ―悲しみを喜びに変える352の呟き恵敏(ヘミン)(著)(ハンプシャー大学教授) 新井満(監修・訳)('70法法) 吉原育子(訳)稲村哲(編集協力)('68文英)日本文芸社 2012年10月10日発行 1500円+税(アマゾンでの紹介文引用)宗教と人種、価値観を超えて、人生の真理を説くエッセイ。人間関係、愛、心と人生など、頭では分かっていても心がついていけない問題の数々…。本書は、フォロワ... <span style="font-size:x-large;">「立ち止まれば、見えてくるもの」</span><br /><span style="font-size:large;"> ―悲しみを喜びに変える352の呟き</span><br /><br />恵敏(ヘミン)(著)(ハンプシャー大学教授) <br />新井満(監修・訳)('70法法) <br />吉原育子(訳)<br />稲村哲(編集協力)('68文英)<br />日本文芸社 2012年10月10日発行 1500円+税<br /><br />(アマゾンでの紹介文引用)<br />宗教と人種、価値観を超えて、人生の真理を説くエッセイ。人間関係、愛、心と人生など、頭では分かっていても心がついていけない問題の数々…。本書は、フォロワー数12万人を擁するカリスマTwitterユーザーにして、名門ハーバード大学で修士号を取得した異色の韓国人僧侶、恵敏(ヘミン)が贈る、叡智に溢れた癒しのメッセージ。翻訳は「千の風になって」の新井満氏。<br /><br />(稲村哲の紹介文)<br />どのページから読んでもやすらぎ覚える不思議な本である。就寝前に読んで良し、仕事に疲れた時に読んでも良し。韓国で100万部を突破し大ベストセラーになったのもうなずける。著者は韓国人僧侶で、アメリカの大学で宗教学を教授しているという異能の人物。日本も韓国も急激に現代化し、西洋と東洋狭間で苦悩する私たちの心に素直に文章がしみる。あとがきの監・訳者の新井満氏の文章も素晴らしい。竹島問題で日韓がぎくしゃくしている時、両国の政治家にも是非読んでほしいものである。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4537259574/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41kVKUNXo9L._SL160_.jpg" border="0" alt="立ち止まれば、見えてくるもの" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4537259574/twoc-22/" target="_top">立ち止まれば、見えてくるもの</a><br />恵敏 新井 満 <br /><br />日本文芸社 2012-10-17<br />売り上げランキング : 8453<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4537259574/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table>
180

ソフィアンズが書いた本

ヘーゲル精神の深さ―「精神現象学」における「外化」と「内化」小島 優子 知泉書館 2011-12-25売り上げランキング : 974970Amazonで詳しく見る by G-Toolsヘーゲル精神の深さ―「精神現象学」における「外化」と「内化」知泉書館 2011年12月25日発行 5,250円(税込)小島 優子 ('07院文哲) この本で私は、2012年度日本ヘーゲル学会第五回研究奨励賞を受賞しました。この賞は、ヘーゲルに関する研究で将来すぐれた研究者となること... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862851231/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41q4NQdb89L._SL160_.jpg" border="0" alt="ヘーゲル精神の深さ―「精神現象学」における「外化」と「内化」" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862851231/twoc-22/" target="_top">ヘーゲル精神の深さ―「精神現象学」における「外化」と「内化」</a><br />小島 優子 <br /><br />知泉書館 2011-12-25<br />売り上げランキング : 974970<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4862851231/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />ヘーゲル精神の深さ―「精神現象学」における「外化」と「内化」<br />知泉書館 2011年12月25日発行 5,250円(税込)<br />小島 優子 ('07院文哲) <br /><br />この本で私は、2012年度日本ヘーゲル学会第五回研究奨励賞を受賞しました。この賞は、ヘーゲルに関する研究で将来すぐれた研究者となることが見込まれる若手研究者に贈られます。本書は、上智大学で2007年9月に博士号を取得した博士論文に加筆修正をしたものであるので、このたびの受賞によって哲学研究科の博士論文が評価されたことはたいへん光栄に思います。<br /><br />本書は、ヘーゲルの『精神現象学』に関する著者の長年の研究をまとめたものであり、全体として力作であると評価されました。ヘーゲルの『精神現象学』を、当時のロマン派の「美しい魂」やゲーテ『ファウスト』などの文学的背景を論じた箇所に、説得力がある点が受賞理由となりました。<br /><br />今後の課題として指摘されたのは、著者の立てる仮説、「『精神現象学』は行動と言葉による「外化」と「内化」の構造である」という説に対して、行動と言葉、「外化」と「内化」との連続的な関係づけを明確にする点です。<br /><br />我々は行動や言葉を介して、自分の信条や意志などの内的なものを「外化」します。そして表現した言葉は人々に聞き取られることによって、精神的なものとなって「内化」します。そうしたヘーゲルが描き出す精神の運動のダイナミズムを解き明かしました。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-44.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20120702101245b3b.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-44.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20120702101245b3b.jpg" alt="小島優子授賞式写真-s" border="0" width="300" height="400" /></a><br /><br /><br />ご興味を持っていただけた方はぜひ手にとってみていただければ幸いです。<br /><br />青山学院大学大学院・駒澤大学・國學院大學他非常勤講師<br />小島 優子(2007年哲学研究科博士後期課程修了)
165

ソフィアンズが書いた本

グローバル人財養成塾―10の事例、24のヒント、100のチェックポイント加藤 春一 生産性出版 2012-01売り上げランキング : 62180Amazonで詳しく見る by G-Toolsグローバル人財養成塾~10の事例、24のヒント、100のチェックポイント~生産性出版(2012年1月)四六判・並製・縦組み・237頁 低下(本体1800円+税)ISBN 978-4-8201-1990-6先方は本格的なグローバル時代に突入したことから、日本生産性本部は 政界、財界、官界、学界... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820119907/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41sxD5c8C8L._SL160_.jpg" border="0" alt="グローバル人財養成塾―10の事例、24のヒント、100のチェックポイント" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820119907/twoc-22/" target="_top">グローバル人財養成塾―10の事例、24のヒント、100のチェックポイント</a><br />加藤 春一 <br /><br />生産性出版 2012-01<br />売り上げランキング : 62180<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820119907/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br /><br />グローバル人財養成塾<br />~10の事例、24のヒント、100のチェックポイント~<br />生産性出版(2012年1月)<br />四六判・並製・縦組み・237頁 低下(本体1800円+税)ISBN 978-4-8201-1990-6<br /><br /><br />先方は本格的なグローバル時代に突入したことから、日本生産性本部は 政界、財界、官界、学界、労働界全体を代表する公益法人として、若い人を対象に別添名の本を書いて欲しいと依頼を受けて書き上げたものです。<br /><br />従って日本生産性本部の意図は時代に媚びたものではなく本格的な内容ーー即ち普遍的尺度で今後の若者の教科書にもなるという趣旨です。<br /><br />10の事例は日本人、外国人を含めてグローバル人財を紹介しております。<br />上智出身者は2名、一人はケニア首相顧問の日野博士、一人はインド最大の財閥タタビジネスコンサルテイング・梶社長をあげています。<br /><br />後はグローバル人財の共通項として24のヒントと なる為の100のチェックポイントを定量化できるようにしました。<br /><br />従って日本の若い世代に是非読んで欲しいと思います・<br /><br />テスコ 加藤 春一('68経経)
148

ソフィアンズが書いた本(2011年追加分)

スペイン・ロマネスクへの旅―カラー版 (中公新書)池田 健二 中央公論新社 2011-03売り上げランキング : 287555Amazonで詳しく見る by G-Toolsカラー版 スペイン・ロマネスクへの旅中公新書・中央公論新社 2011年3月25日発行 1000円+税池田健二著 (1986院文史) 著者の『フランス・ロマネスクへの旅』、『イタリア・ロマネスクへの旅』に続く第3弾。スペイン・ロマネスク建築の美しさをあまねく紹介している。旅もここまでくれ... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121021029/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51AMVe725RL._SL160_.jpg" border="0" alt="スペイン・ロマネスクへの旅―カラー版 (中公新書)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121021029/twoc-22/" target="_top">スペイン・ロマネスクへの旅―カラー版 (中公新書)</a><br />池田 健二 <br /><br />中央公論新社 2011-03<br />売り上げランキング : 287555<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121021029/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table>カラー版 スペイン・ロマネスクへの旅<br />中公新書・中央公論新社 2011年3月25日発行 1000円+税<br />池田健二著 (1986院文史) <br />著者の『フランス・ロマネスクへの旅』、『イタリア・ロマネスクへの旅』に続く第3弾。スペイン・ロマネスク建築の美しさをあまねく紹介している。旅もここまでくればホンモノ。この一冊を片手にサンティアゴ大聖堂への巡礼に駆り立てる。特に著者撮影の写真が、文と相まって素晴らしい。写真を拡大カラーコピーして額に入れれば部屋に飾れるほどである。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023309273/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51e3Insv3xL._SL160_.jpg" border="0" alt="国家破局カウントダウン 日本を救う三つの処方箋" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023309273/twoc-22/" target="_top">国家破局カウントダウン 日本を救う三つの処方箋</a><br />上野泰也 <br /><br />朝日新聞出版 2011-05-06<br />売り上げランキング : 212777<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023309273/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />国家破局カウントダウン―日本を救う三つの処方箋 <br />朝日新聞出版 2011年5月30日発行 1600円+税<br />上野泰也著(1985文史)<br />著者は、現在日本におけるN0.1エコノミストである。日本経済は沈没寸前、東日本大震災によるパンチも喰らい国家破局を迎えていると鋭く分析。では日本経済の浮遊策にはどうすればよいか、増税や歳出カットではなく国内総生産を拡大し、デフレを脱却させることだ。とにかく消費する人を増やすことと力説。それには、①少子化対策、②観光客の招致、③移民の強化と三つの処方箋を提示している。文章は平易であるが、内容は深く、重い。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.hakubunkan.co.jp/hakubunkanshinsya/kurufunenosairai.html" target="_top"><img src="http://blog-imgs-34.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110615103655103.jpg" border="0" alt="『黒船の再来』(“Return of the Black Ships”)" width="120" height="170"/></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.hakubunkan.co.jp/hakubunkanshinsya/kurufunenosairai.html" target="_top">『黒船の再来』(“Return of the Black Ships”)</a><br />ベントン・W・デッカー エドウィーナ・N・デッカー共著/翻訳:佐々木寛ほか横須賀学の会訳 <br /><br />博文館新社 2011-08-28<br />売り上げランキング : ******<br /><br /><a href="http://www.hakubunkan.co.jp/hakubunkanshinsya/kurufunenosairai.html" target="_top">博文館新社で詳しく見る</a></font></font></td></tr></table><br />黒船の再来―デッカー夫妻回想録 <br />博文館新社刊 2011年8月28日 3000円+税<br />佐々木 寛(1959外英)・他訳<br />戦争直後の4年間(昭和21年4月~25年6月)、米海軍横須賀基地第四代司令官だったデッカー 少将夫妻が綴った回想録。飢餓にあえぐ横須賀市民に余剰食糧を与え、 敗戦で疲弊した横須賀をキリスト教精神で民主化し、 栄光学園、清泉女学院などの学校や聖ヨゼフ病院、衣笠病院さらに福祉施設、女性解放などの面で再建していく様子が具体的にユーモアを交えて記されている。戦後の占領史の空白を埋める貴重な一こまでもある。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408109053/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51l06NTXqoL._SL160_.jpg" border="0" alt="世界に正しく伝えたい! 英語対訳で読む美しい日本の「こころ」 (じっぴコンパクト新書)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408109053/twoc-22/" target="_top">世界に正しく伝えたい! 英語対訳で読む美しい日本の「こころ」 (じっぴコンパクト新書)</a><br />荻野 文子 <br /><br />実業之日本社 2011-09-29<br />売り上げランキング : 83969<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408109053/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />世界に正しく伝えたい<br />英語対訳で読む美しい日本の「こころ」<br />実業之日本社 2011年10月5日発行 762円+税<br />荻野文子監修(1981文国)・E Mills 英文監訳<br />これはすごい日本の「心 (こころ)」の英語対訳本が出たものである。予備校古文講師で“マドンナ”先生と呼ばれる著者が、長年の古典教養をもとに日本人の美意識、思想、自然観、信仰、暮らしなどについて解説し、やさしい英語対訳している。もし英語で 「侘び」「寂び」「無常」などの説明を求められても、ウーンと捻ってしまうが、この本は見事に答えてくれる。海外でもこれだけの内容を英語で表現できれば鬼に金棒。海外赴任を命ぜられたら即購入すべき必須の本である。<br /><br /><table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582767478/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/519-2WH3QlL._SL160_.jpg" border="0" alt="江戸の本屋と本づくり―続 和本入門 (平凡社ライブラリー)" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582767478/twoc-22/" target="_top">江戸の本屋と本づくり―続 和本入門 (平凡社ライブラリー)</a><br />橋口 侯之介 <br /><br />平凡社 2011-10-11<br />売り上げランキング : 83057<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582767478/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />江戸の本屋と本づくり【和本入門】<br />平凡社ライブラリー  2011年10月7日発行 1400円+税 <br /> 橋口侯之介著(1970文史) <br />著者は出版社勤務を経験した後、文系学術書専門店経営しながら驚くべき探究心で和書の世界を逍遥。読者に和書の面白さの眼を開かせてくれる。和書の多くは、江戸時代につくられ、和書の魅力が日本人の書物感をつくったという。江戸時代の和書(本)を扱う本屋がどのように存在し、出版(江戸時代は出板の用語を使用)を行い、流通に関係したかなど、内容は多彩。この本をヒントに多くの国文学、史学などの学術論文が誕生すること請け合い。
137

「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?

「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力安西洋之 中林鉄太郎 日経BP社 2011-07-28売り上げランキング : 16024Amazonで詳しく見る by G-Tools「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力日経BPマーケティング 安西洋之(1983年文仏)・中林鉄太郎共著2011年7月28日発行 1500円+税「グローバル時代にかかせないローカリゼーションの視点」は... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248631/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41haahi5tSL._SL160_.jpg" border="0" alt="「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248631/twoc-22/" target="_top">「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力</a><br />安西洋之 中林鉄太郎 <br /><br />日経BP社 2011-07-28<br />売り上げランキング : 16024<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822248631/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力<br />日経BPマーケティング 安西洋之(1983年文仏)・中林鉄太郎共著<br />2011年7月28日発行 1500円+税<br /><br />「グローバル時代にかかせないローカリゼーションの視点」は何かというテーマから始まり、海外の現地人の生活・ロジックの相違を理解することの大切さや海外で成功した日本製品の実例が、わかりやすく説明されている。タイトルに使われたカップ麺「まるちゃん」がその代表として、本のタイトルにもつかわれている。マルちゃんは、メキシコで支持されているという。その理由は、アメリカに出稼ぎに来ていた移民が、家族や友人へのお土産としてカップ麺を大量に持ち帰った事だと言われている。お土産だから、最初の経験にはお金を払っていない。いわば、大規模な試食会がメキシコ各地で連続して開催されたと言える。そのため結果的に、メーカーのコンセプトなど知らずに、自分たちの習慣や好みに合わせてカップ麺が、受け入れられた。メキシコ人はマルちゃんに、大量のチリソースをかけて食べたりするという。<br /><br />現地化のチェックポイント・海外市場を開拓し、異文化市場で迷子にならないように、ローカリゼーションマップの作成が提案されていて、そのメリットや作り方についても解説されている。<br />海外市場に進出する方、マーケティング担当者には、大変参考になる1冊である。<br />「所変われば品かわる」ということわざがグローバル化しつつあるという印象を受けた。<br /> <br /> <br />安西 洋之 (あんざい ひろゆき)さん 1958年横浜生まれ。83年上智大学仏文卒、ミラノソフィア会会長ミラノ在住、日本の自動車メーカー勤務後、イタリアでビジネスプランナーとして独立。デザインを中心にさまざまな分野のマーケティングや文化論などを活動領域とする。著書に「ヨーロッパの目 日本の目―文化のリアリティを読み解く」
136

四十八人目の忠臣

四十八人目の忠臣諸田 玲子 毎日新聞社 2011-10-12売り上げランキング : 6427Amazonで詳しく見る by G-Tools『四十八人目の忠臣』毎日新聞社刊 諸田玲子(1976文英)著  2011年10月15日発行 1,800円+税女性の視点で忠臣蔵を大胆に読み替えた野心作。これまで諸田さんは元禄時代を舞台にいくつかの作品を書いてきた。注目するのは、現代にも通じるこの時代の「閉塞感」。戦国時代は遥か昔、商人が徐々に台頭し街には浪人が溢れ... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620107743/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2B8CCccDuL._SL160_.jpg" border="0" alt="四十八人目の忠臣" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620107743/twoc-22/" target="_top">四十八人目の忠臣</a><br />諸田 玲子 <br /><br />毎日新聞社 2011-10-12<br />売り上げランキング : 6427<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4620107743/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />『四十八人目の忠臣』<br />毎日新聞社刊 諸田玲子(1976文英)著  2011年10月15日発行 1,800円+税<br /><br />女性の視点で忠臣蔵を大胆に読み替えた野心作。これまで諸田さんは元禄時代を舞台にいくつかの作品を書いてきた。注目するのは、現代にも通じるこの時代の「閉塞感」。戦国時代は遥か昔、商人が徐々に台頭し街には浪人が溢れた。時代が大きく動いている時、当時の人々の屈折した思いが殿中刃傷事件をきっかけに「仇打ち」へと燃え上がっていく。主人公の四十八人目はあの女性!愛する磯貝十郎左衛門と浪士たちのため、討ち入りを影から助け、その後、浪士の遺族の赦免、赤穂浅野家再興を目指し、将軍家に近づいた実在の女性。浪士と将軍に愛された女性を描く。
135

安全保障って何だろう

安全保障ってなんだろう佐島直子 勁草書房 2011-09-09売り上げランキング : 84983Amazonで詳しく見る by G-Tools『安全保障って何だろう』勁草書房刊 佐島直子(1978法法)著2011年9月15日発行 2,800円+税 抑止ってなに?なにが脅威なの?なぜ日本は核兵器を持たないの?などの疑問に答えるこの1冊。著者は防衛庁(現防衛省)に入庁し、その後青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。防衛研究所主任研究官等を... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432630202X/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51A9EMnYijL._SL160_.jpg" border="0" alt="安全保障ってなんだろう" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432630202X/twoc-22/" target="_top">安全保障ってなんだろう</a><br />佐島直子 <br /><br />勁草書房 2011-09-09<br />売り上げランキング : 84983<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432630202X/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br />『安全保障って何だろう』勁草書房刊 佐島直子(1978法法)著<br />2011年9月15日発行 2,800円+税 <br /><br /> 抑止ってなに?なにが脅威なの?なぜ日本は核兵器を持たないの?などの疑問に答えるこの1冊。著者は防衛庁(現防衛省)に入庁し、その後青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。防衛研究所主任研究官等を経て、現在、専修大学経済学部教授。<br /><br />『現代安全保障用語辞典』の編集代表を務め、2005年コムソフィア賞受賞。
115

黒船の再来 ~デッカー夫妻回想録~

【BOOKS】黒船の再来 ~デッカー夫妻回想録~ (Kooインターナショナル出版部)2011年6月14日  戦争直後の4年間(昭和21年4月~25年6月)、米海軍横須賀基地第四代司令官だったデッカー 少将夫妻がつづった60有年前の回想録。飢餓にあえぐ市民に余剰食糧を与え、 敗戦で疲弊した横須賀をキリスト教精神で民主化し、 栄光学園、清泉女学院など学校、聖ヨゼフ病院、衣笠病院など病院、福祉施設、女性解放などの面で 再建していく様... 【BOOKS】黒船の再来 ~デッカー夫妻回想録~ (<a href="http://www.kooint.co.jp/" target="_blank" title="Kooインターナショナル出版部">Kooインターナショナル出版部</a>)<br /><br />2011年6月14日<br /><br />  戦争直後の4年間(昭和21年4月~25年6月)、米海軍横須賀基地第四代司令官だったデッカー 少将夫妻がつづった60有年前の回想録。飢餓にあえぐ市民に余剰食糧を与え、 敗戦で疲弊した横須賀をキリスト教精神で民主化し、 栄光学園、清泉女学院など学校、聖ヨゼフ病院、衣笠病院など病院、福祉施設、女性解放などの面で 再建していく様子が具体的に、ユーモアを交えて記されている。  旧日本海軍の施設を平和産業に解放・転換し、失業者を数千人 雇用するなど商工業を発展させた。 また、京都、奈良、広島、長崎、金沢、長野など日本各地を旅行し、日本の歴史を 深く学ぼうとした。戦後の占領史の空白を埋める貴重な現代史の一こまでもある。 <br />佐々木 寛(’59外英)<br /><br /><img src="http://blog-imgs-34.fc2.com/c/u/m/cumsophia/20110615103655103.jpg" alt="黒船の再来表紙" border="0" width="334" height="473" /><br /><br /><table border="1" cellspacing="5" cellpadding="5" width="334"><tr><td>『黒船の再来』(“Return of the Black Ships”)<br /> Kooインターナショナル出版部 2011年5月20日発行<br />A5判 616ページ <br />¥3,000円+税<br /> ベントン・W・デッカー エドウィーナ・N・デッカー共著<br /> 翻訳:佐々木寛ほか横須賀学の会訳</td></tr></table><br /><hr><br />■『黒船の再来』本の注文は<br /><br />Kooインターナショナル出版部<br />〒107-0061<br />東京都港区北青山1-4-1-414<br />tel&fax:03-6913-1266<br />e-mail: book@kooint.co.jp<br /><br />また、「横須賀学の会」でも受け付けています。<br />〒238-0021 横須賀市富士見町1-54 大橋祥宏方<br />電話&ファクス:046-823-0333<br />郵便振替:00200-7-124593
79

【書評】孔健 辛坊治郎 共著 中国この腹立たしい隣人(実業之日本社)

中国 この腹立たしい隣人辛坊 治郎 孔健 実業之日本社 2011-03-01売り上げランキング : 565Amazonで詳しく見る by G-Tools中国擁護派の孔健氏と、中国に常に批判的な辛坊治郎氏が共著で、日中間の様々な問題を辛坊氏が疑問を投げかけ、その疑問に対して孔健氏が見解という形で疑問に答える。更に疑問への答えに辛防氏が独り言で独自の見方を披露する分りやすい本である。例えば、 序章 世界に喧嘩を売りまくる中国 1章 中国... <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108812/twoc-22/" target="_top"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51NtKntMpWL._SL160_.jpg" border="0" alt="中国 この腹立たしい隣人" /></a></td><td valign="top"><font size="-1"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108812/twoc-22/" target="_top">中国 この腹立たしい隣人</a><br />辛坊 治郎 孔健 <br /><br />実業之日本社 2011-03-01<br />売り上げランキング : 565<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408108812/twoc-22/" target="_top">Amazonで詳しく見る</a></font><font size="-2"> by <a href="http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html" >G-Tools</a></font></td></tr></table><br /><br />中国擁護派の孔健氏と、中国に常に批判的な辛坊治郎氏が共著で、日中間の様々な問題を辛坊氏が疑問を投げかけ、その疑問に対して孔健氏が見解という形で疑問に答える。更に疑問への答えに辛防氏が独り言で独自の見方を披露する<br /><br />分りやすい本である。<br /><br />例えば、<br /><br /> 序章 世界に喧嘩を売りまくる中国<br /> 1章 中国の人  金と恋<br /> 2章 中国の社会 格差 無秩序<br /> 3章 中国の政治 国内どこも揉め事だらけ<br /><br />例えば、中国の沿海にある都市は「海の国」と定義し、殆どが親日的で一方、陸に有る「山の国」は反日的という形で優しく解説しているので、現在の日中問題の多くの課題を複眼的に理解する上では好著である。<br /><br />定価は952円で、しかも問題点、疑問、独り言等、夫々章分けされ、しかも重要なポイントは赤線が引かれ、理解するべきポイントが整理されている手引書でもある。<br /><br />2月25日には、孔子文化賞授与式 チヤイナドラゴン18周年記念等の式典が椿山荘で開催され、約600人以上の参加者が参加され盛大に執り行われた。<br /><br />(論評 加藤春一('68経経))
31

ソフィアンが書いた本

『美女いくさ』(びじょいくさ) 諸田玲子著(1976文英) 中央公論新社刊 2008年9月発行 1,800円+税 戦国時代を女性の視点で描いた『美女いくさ』は読売新聞の夕刊連載小説として好評を博した。ヒロイン、小督(おごう)は、お市の方の三姉妹の末娘として生まれたが数奇な運命をたどり、幼くして二度の落城を経験。二度の政略結婚を経て、徳川家に嫁ぎ三代将軍・家光の母となる。信長ゆずりの激しさと、母似の美貌で乱世を... <p><img id="image104" alt=『美女いくさ』 src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2009/03/oethuuoaaieoao080930.jpg" width="100" hight="138" align="right" hspace="10"/><strong><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4120039757/twoc-22/" target="_blank" title="『美女いくさ』(びじょいくさ) 諸田玲子著(1976文英)">『美女いくさ』(びじょいくさ) 諸田玲子著(1976文英)</a></strong> <br>中央公論新社刊 2008年9月発行 1,800円+税<br> 戦国時代を女性の視点で描いた『美女いくさ』は読売新聞の夕刊連載小説として好評を博した。<!--more-->ヒロイン、小督(おごう)は、お市の方の三姉妹の末娘として生まれたが数奇な運命をたどり、幼くして二度の落城を経験。二度の政略結婚を経て、徳川家に嫁ぎ三代将軍・家光の母となる。信長ゆずりの激しさと、母似の美貌で乱世を駆け抜けた。タイトルに込められているのは「この時代の女性は添え物ではなく、大切な役割を果たしていた」との著者の思い。</p> <p><strong><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532352703/twoc-22/" target="_blank" title="『同盟変貌』~日米一体化の光と影~ 春原 剛著(1983経営)">『同盟変貌』~日米一体化の光と影~ 春原 剛著(1983経営)</a></strong><br> 日本経済新聞出版社刊 2007年5月15日発行 2500円+税<br> 最近の在日米軍再編に伴い日米同盟が大きく変貌した。それは、防衛庁が防衛省に格上げになったことにいつにする。本書は、戦後の日米同盟の変遷をたどりながら、米国が9.11テロ以後、急速に増大する中国の防衛費に対抗しわが国に同盟の対価として何を求めているかを膨大な取材レポートから明らかにしている。</p> <p><img id="image105" alt=『武打星』 src="http://www.cumsophia.jp/wp-content/uploads/2009/03/oedhacauiieoao081229.jpg" width="100" hight="138" align="right" hspace="10"/> <strong><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344980980/twoc-22/" target="_blank" title="『自民と民主がなくなる日』~永田町2010年~歳川降雄著(文英中退)">『自民と民主がなくなる日』~永田町2010年~歳川降雄著(文英中退)</a></strong><br> 幻冬舎刊 幻冬舎新書 2008年11月30日発行 760円+税<br> 現在著者は、新聞、メディアが伝えないインサイド(内幕)情報誌(「インサイドライン」)の編集長。その豊富な情報をもとに来るべき09年の衆議院選挙後の政界再編を大胆に予測している。注目すべきことに今日の日本の政治が、新聞界、テレビ界のドンの影響にあることは、ジャーナリズムのあるべき姿ではないと喝破している。</p> <p><strong><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/458413104X/twoc-22/" target="_blank" title="『勝手にしやがれ』~阿久 悠 やせ我慢の美学~ 河村シゲル著">『勝手にしやがれ』~阿久 悠 やせ我慢の美学~ 河村シゲル著 (文独中退)</a></strong><br> KKベストセラーズ刊 2000年9月25日発行 1600円+税<br> 生涯作詞した数5,000曲、シングル売り上げ枚数6,800万枚、天才作詞家の名をほしいままにしてガンで逝った阿久 悠(悪友:ペンネーム由来)の闘病生活を長年の戦友でもあり、悪友が綴った回想録。書名の“勝手にしやがれ”は、病気に対するアイロニーでもあり、男の迫り来る死に対する精一杯の美学ともいる。</p> <p><strong><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101321558/twoc-22/" target="_blank" title="『武打星』今野 敏著(1979文新)">『武打星』今野 敏著(1979文新)</a></strong><br> 新潮社刊(新潮文庫)2009年1月1日発行 590円+税<br> 武打星とはアクションスターのこと。ブルース・リーに憧れた青年が大学卒業後、徒手空拳で香港に渡る。少年時代から続けてきた空手を生かしアジアの新たなる武打星となるために・・・。上智在学中に『怪物が街にやってくる』で問題小説新人賞を受賞。2002年刊行の再文庫化。 </p>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。